ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

ゼンショーとマクドナルドのビジネスモデル

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

 

本日11日の朝刊に『牛丼3社、今季経常増益』の記事がありました。

「経常利益」ですから、各社、既存店売上が伸びているところや、原価削減率が寄与しているところなど、背景はまちまちのようです。

その中で「すき家」のゼンショーHDは、11年4~9月期連結決算で、118億円と前年同期比88%増えたそうです。

「値引きキャンペーン」と「白髪ねぎ牛丼」などの新商品がヒットしたとのこと。

 

ところで、そのゼンショーHDと、ハンバーガーの日本マクドナルドはどちらも外食産業の巨艦でありますが、

そのビジネスモデルが、かなり対照的なのをご存知でしょうか?


ゼンショーHDは、主に直営店を重視し、店舗展開を行っています。

直営店故に、会社全体としての意思疎通や、新商品開発などに対する従業員の目線は一致しやすいと思います。

さらに本部から直接指示・命令系統が出せるので、意思決定や意思疎通のスピードメリットもあると思います。

つまりは、経済規模が成長過程で、加速度的に出店を行っていくような環境では、全社一体となって相当大きなシナジー効果が得られ、会社も成長していく反面、

経済不振局面で、極度の需要減などが起きた場合には、(もちろんそれなりのリスク管理は行っていると思いますが)資産負担などが大きく負担になる可能性もある形態と言えると思います。


一方の日本マクドナルドは、目下のところ、フランチャイズ方式に重きを置いているようです。

主に、直営店を増やさず、不採算店のリストラなどを行う戦略を取っているようです。

つまりは、フランチャイズ店では(直営店と比較すれば)ライセンスフィーなどを払うことにより、売り上げ規模も減少し、

直接の指示・命令系統を持たないので、全国一律の販促キャンペーンなどに対し、統制の取れた形で行いにくいなどといった特徴がある反面、

資産を持たないので、経済不振局面やマーケットの大きな変動などが発生した場合には、直接本部への影響は限定的になるし「撤退戦略」も取りやすいなどの形態と言えると思います。

 

「どちらの経営方針がよいのか?」.

今後の両社の状況も見守りたいと思います。

 

弊社も『経営相談・コンサルティング』を受け持つ身として、

この「ビジネスモデル」に関しては「一概に言えるものではない」のですが、

最低限、『経営にとって時代背景をどうとらえるか? 経済状況をどう見るかは重要なこと!』というのは間違いがないと考えています。

 

企業様に対し、その辺りもふまえたアドバイスが(弊社のコンピテンシーでもあります故)出来ますよう、今後も情報発信して参りますので、宜しくお願い致します。

欧州問題とコモディティ

 

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

9日午後のニューヨーク株式相場は、イタリア国債の金利高騰を受けた欧州債務問題への懸念が広がりを受けて下げ幅を拡大し、

優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比一時400ドル超下落しています。

 

昨日のブログでも、「欧州問題はまだまだ予断を許さない状況」と書きましたが、当面この問題は続くと思います。

 

このような状況を横目に、昨日朝刊には、「金、国内外で上昇続く」の記事。

金価格は9月の急落前の水準を回復して来ました。

投資マネーの再流入と行ったところでしょうか?

原油価格もジワリと上昇して来ております。


原油も金もコモディティ。

世界経済の急減速が、極端なリスク資産からの逃避行動と言う状況にならなければ、

筆者、以前から申しております通り、要注目だと思います。

オリンパス問題と今後の見通し

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

ここのところのギリシャ問題が若干一服(筆者的には、まだまだ予断を許さない状況と考えていますが・・)したと思いきや、

イタリア国債の下落(利回りは上昇)。

イタリアあたりの大国に諸問題が波及した場合は、メガトン級の影響が出ると思いますので、正に緊張感をもってウオッチしたいと思います。

 

と、このようにこのところの日本市場は、欧州債務問題を中心とした海外要因が相場の中心でありました。

日本独自の要因で相場が動くことがあまりない、主体性を欠いた市場とも言えたかと思います。

 

ところが、昨日は久しぶりに日本の国内要因で相場が動いたと思いきや、『オリンパス問題』。

1990年代ころから有価証券投資などによる損失計上を先送りしていたと発表したオリンパスがストップ安。

粉飾決算の疑いも持たれ上場廃止基準に抵触する可能性も浮上し、売りが殺到しました。

一部には、企業買収を使った複雑な手法は、指南役が存在して、助言を得ていたとの報道もありました。

同社の主幹事であり、オリンパスの不祥事への関与が取沙汰された野村HDも約15%の急落。

そして、この2銘柄の急落が投資家心理へ悪影響を及ぼし、市場全体に波及したような形となりました。

 

今後の見通しとして、

内外の投資家から『オリンパスだけの問題』として切り離して見てもらえるか?

『日本株式市場全体の不透明感』として捉えられるか?

によって大きく異なってくると思います。

 

いずれにしても久しぶりの、日本国内要因がこのような問題ですから,

筆者もFPとして、一投資家として残念です。

 

そんなさ中、円と原油がジワジワと値上がりし、金価格も9月の急調整から立ち直りつつあります。

12日は市川で講演致しますが、その辺りにも触れてみたいと思います。

埼玉中小企業家同友会に入会しました。

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

以前から、同友会関係とは様々な形で関係はあったのですが、
入会しても例会等への参加がなかなか難しく、かえってご迷惑をおかけしてもいけないとの理由から、入会は躊躇っていました。
 
しかし、今回も色々御縁ありまして、何かとご迷惑おかけするかもしれませんが、入会させて頂くことになりました。
 
弊社の社是でもあります、
「日本再生・経済活性化のためには約412万社の中小企業が元気になること」に基づいて、
社員と共に育つ社風づくり、地域づくりなどについて、今一度勉強させて頂きたいと思います。
 
先述の通り、仕事柄地方なども多く、なかなか例会等への参加が難しい場合もありますが、宜しくお願い致します。

12月18日ワークライフバランスのイベントに「コバトン」が来...

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

来る12月18日(日)に、私が代表理事を務めますワーク・ライフ・バランス支援のNPO法人「わぁくらいふさぽーたー」が以下のようなイベントを行います。

なぜワークライフバランスは必要か?誰のために必要か?などといったテーマについて掘り下げ、一緒に考える機会になればと思っています。

 

そして昨日、その事前ミーティングが、ありましたので出席して参りました。

参加した皆様、大変お疲れ様でした。

 

昨日のミーティングで、イベントについての詳細打ち合わせなど行いましたが、

今回のイベントは、埼玉県男女共同参画推進センター様との共催と言うこともあり、

当日には、埼玉県のマスコット「コバトン」が来てくれることになりました。

皆さん、コバトン伝説をご存知でしょうか?

今や、埼玉県にとどまらず、活躍の舞台は全国へ、海外へ、地球を飛び越えてと、あちこちで活躍するコバトン。
その「伝説」ぶりが埼玉県のホームページに載っていますので、ご参考まで。
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/kobaton/legend.html

 

尚、イベントの詳細は以下になります。

 

第一部 演題「ワーク・ライフ・バランスはなぜ必要か?」

 (株)ワーク・ライフ・バランス社 小室淑恵氏の基調講演

 

第2部 テーマ「それぞれの立場からのワーク・ライフ・バランスを考える」

 さいたま市長の 清水勇人氏

 大宮アルディージャ トータルアドバイザーの 清雲栄純氏

 チェスター司法書士事務所 代表司法書士の 三浦美樹氏

 私、の4人でパネルディスカッション

 

時間 12時30分~ 受付開始

    13時~    第一部講演

    14時15分~ 第二部パネルディスカッション

    15時30分  終了予定

場所  With Youさいたま(男女共同参画推進センター)

    さいたま市中央区新都心2-2

資料代 1000円

尚、詳細・お申し込みは以下アドレスにてチラシをダウンロード後、「FAX」にてお願い致します。

http://work-life-supporter.org/

 

 

 

 

 

ページの先頭へもどる