ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

株式新規上場 底入れの兆し?

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社代表の阿部です。

 

本日10月13日の日経朝刊に『新規上場 底入れの兆し』と言う見出しの記事が掲載されていました。

今年は10月末までに25社が上場し、昨年(22社)を既に上回りました。

スマートフォンや医療・医薬関連の新興企業の上場意欲が強く、今年は35社から40社前後になる可能性が高いとのことでした。

 

私も年初のセミナーなどで「今年は昨年よりは多くなるのでは?」と言って来ました。ただし、2007年までは年100社以上新規上場していたのですから、2009年の19社や、昨年の22社が少なすぎた反動とも言えると思います。

 

ちなみに、企業・国・地方公共団体などが、新たに発行する有価証券(株式や債券など)の出資者(投資家)を募集する場所のことを行市場と言います。投資家は、発行市場において、新たな資金運用手段を得ることができ、企業は、株式や債券を新たに発行することで、資金調達することができるわけです。

それに対して、すでに発行された有価証券(株式や債券など)が、投資家の間で売買される場所のことを流通市場と言います。投資家は、流通市場において、保有している有価証券を売り付けたり買い付けたりすることができます。

 

いずれにしまして、新規上場企業数や発行市場のにぎわいは、日本経済そのものの強さや流通市場との関係性が多かれ少なかれありますので、今後も注意深く見守って行きたいと思います。

 

セミナーとラジオ対談のお知らせ

 平素はお世話になります。

企業経営、教育・研修、講演・セミナーのヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

ここのところ、だいぶ涼しくなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は10月に地方で予定されている一般公開セミナーのお知らせと、

先日、弊社友好提携先(パートナー)の榎本会計事務所の榎本税理士とインターネットラジオ対談を行った模様が収録されていますのでお知らせしました。

対談内容は「ワークライフバランスの重要性とコモディティ」と題しまして、ワークライフバランスの経営戦略としての位置づけや、先日発売されました拙著「コモディティ投資入門」についてお話させてもらいました。

また次回はワークライフバランスなどについて、詳細をお届けする予定ですので、榎本会計事務所様ともども今後も宜しくお願い致します。

セミナーのお知らせ

http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.cgi?ID=2859
http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.cgi?ID=2864
http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.cgi?ID=2865

 

インターネットラジオ対談


http://www.ecg.co.jp/blog/pod-taidan_post_431.php

コモディティ投資入門 発売

企業経営、教育・研修、講演・セミナーのヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

この度発表になった9月の月例経済報告では、景気は東日本大震災の影響で「依然として厳しい状況にあるものの、持ち直している」として基調判断は据え置きました。

ただし、「回復力の弱まっている海外景気が下振れた場合」をリスクとして追加するなど、

欧州ソブリンリスクによる国際金融資本市場への影響を注視する姿勢を示しました。

「持ち直している」と言った事に関しては、感覚的には議論になるかもしれませんが、いずれにしても海外情勢、引き続き要注目です。

 

さて、本日21日、出版社:アスペクト社より
拙著、【コモディティ投資入門】が発売されます。

タイトルは「投資入門」となっていますが、私としては「投資」を特に煽っているわけではなく、
サブタイトルにもあるのですが、これからの混沌とした時代において、
「普通の暮らしを守るため」に必要なリテラシーを、(投資等関係ないと考えているような)ビギナーから
ベテランまで幅広く読める構成になっていますので、
気軽に読んで身に着けて下さい!と言う思いで書き上げました。


私の本当の「思い」は後書きに記していますので是非、お読み頂ければ幸いです。

詳細は下記ご覧ください。

『中小企業の環境経営』について

 平素はお世話になります。

 経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

昨日、私の所属する中小零細企業研究会の分科会として、『中小企業の環境経営』について勉強して来ました。

環境マネジメントシステム(EMS)に関しての知識を今一度整理することが出来ました。

 

環境マネジメントシステム(EMS)には、国際標準規格であるISO 14001の他に、下記のように簡易型EMSとしてエコアクション21、エコステージなどの基準があります。

① 国レベルで策定されているもの
エコアクション21(http://www.ea21.jp/)
環境省が策定した「エコアクション21環境経営システム・環境活動レポートガイドライン2004年版」を(財)環境戦略研究機関持続性センター(IGES)が事務局となって認証を行っているもの。

②地域の団体で作成しているもの
ISO 14001認証取得にかかる経費負担や内容の高度さを考慮し、中小企業をはじめあらゆる組織を対象としたISO 14001の簡易版。取り組みはじめた「ステップ1」の段階、将来「ISO 14001」の認証取得を目標にする「ステップ2」の段階がある。

③民間の団体で作成しているもの
エコステージ(http://www.ecostage.org/)
有限責任中間法人であるエコステージ協会により認証取得を主たる目的とせず、環境経営をサポートする目的で作られたシステム。評価機関がコンサルタントも一緒に請け負うことが可能で、環境への配慮がいかに経営に役立っているかに重点を置いていることがISOの第三者認証とは異なる点。エコステージは5つのステージでレベルが異なり、最低限守るべきレベルはあるものの、自主的にそのレベルを選択でき、最終的には第三者評価委員による評価を受け、意見書が発行される。

 

国際的に取引のあるような企業の場合は別としても、

国内向けの取引中心の中小企業の場合、費用や業務効率、マンパワーの面からも、エコアクション21やエコステージといった選択肢が現実的だろうと思いました。

 

写真はエコステージの認証を取得した両国の榎本会計事務所長と認証書。

そしてこれらに取り組むメリットとして、

①総合的な環境への取り組みを進められる。

②経費削減や生産性の向上・目標管理の徹底など経営面での効果。

③低金利融資の対象になる場合もある。

④大手企業などとの取引条件の対応(グリーン調達ニーズに対応)

⑤信頼性の確保

⑥企業イメージの向上

等が挙げられると思います。

 

今後、弊社もコンサルティング業者として企業様からのニーズに対して、専門家の紹介などを積極的に行って行きたいと思いますので宜しくお願い致します。

 

講師の株式会社フルハシ環境総合研究所 浅井様、参加の皆様、大変お疲れ様でした。

 

ヒューマネコンサルティング株式会社

阿部 重利

 

 

面接で質問されやすい事

 平素はお世話になります。

 経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

昨日は、キャリアコンサルタントとして、キャリア支援・再就職支援セミナーを行って来ました。

その中で、皆様から質問多かったのが、企業と面接を行う場合にどんなことを聞かれやすいか?といった事でした。

 

もちろん、企業によってそれぞれ特色がありますので、一概には言えませんが、

少なくとも準備出来ること(準備しておきたいこと)として、「提出済みの書類(履歴書や職務経歴書)

に関しての答え方」があると思います。

例えば、履歴書で

◆前職の退職理由が「一身上の都合」となっている場合

◆過去においての在職期間がとても短いものがある場合

◆過去において離職後、次の就職までの期間がとても長い場合

等のケースは、仮にそれらに対する突っ込んだ質問があっても、

それなりに理路整然と説明できるように準備しておくということです。

 

このようなことをいきなり質問されて「頭の中が真っ白になった」などと言うことはよく聞く話ですが、

そうならないためにも「事前準備」でだいぶ違ってくると思います。

 

さらに、書類内容と面接との整合性を考える意味でも、

面接に行く前に、提出済み書類を見直し、志望動機等を再確認しておくことなども、

(当たり前の事のようですが)大切だと思います。

 

平成23年7月の全国有効求人倍率が0.64倍といった現在の雇用情勢のなかで、

みなさまのキャリアアップとフィナンシャルリテラシー向上とライフプランニングのために

微力ながらも尽力して行きたいと思います。

 

ヒューマネコンサルティング株式会社

代表取締役  阿部重利

ページの先頭へもどる