ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

弊社代表「新刊」のお知らせ「危機感のない人にチャンスは!」

素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

この度、弊社代表の「新刊」が発売されました。


弊社社名「ヒューマネ」の由来は、ひごろ、
・ヒト(人材育成、研修、組織づくり・活性化、コーチングなど)

・おカネ(資産運用、資金調達、補助金支援など)
の2つの側面においてご支援・ご相談・講演などを行っていることです。

当「新刊」は、まさにその社業の延長線上にあるもので、

・第1章は、トランプ大統領就任に代表される世界の混沌・脅威・危機について、
・第2章は、筆者が想定する脅威や危機に対して,いかに資産運用・防衛するか?について(マネーの側面)
・第3章は、脅威や危機に対して、いかに雇用・仕事、そして経営者なら会社を守るか?について(ヒューマンの側面)
書かれております。

弊社代表の考える・想定する、様ざまな「危機」、「脅威」に対して、
アンテナ低いが故気づかなかったり、見て見ぬふりしたり、ただ脅え続けたりするのではなく、しっかりと見つめ捉えることで、「心構え」と「次の打ち手」を創造する必要性を訴えております。

そして、そうでなければ、
【これからの複雑混迷時代、大切な「資産」や「働く場」、「会社」を守り、成長させていくことは難しい!】という主訴です。

2章では、前半部分で弊社代表の考える様々な「危機」「脅威」を提示した上で、
13項以降は
今までのやり方では増やすどころか守れない!
14項 ポートフォリオを作成・確認してみよう
15項 20年後のあなたの資産はどうなる?
16項 資産は不動産と日本円だけで老後は安泰?!
17項 いいインフレと悪いインフレ 怖いインフレ
18項 誰にでも必要な資産運用をしっかり行う
19項 賢いNISA利用術
20項 これからの資産防衛

など、危機や脅威に対する「資産運用・防衛策」について書かれています。

また、3章では、、
同じく前半部分で代表の考える様々な「危機」「脅威」を提示した上で、
9項以降は、
雇用難民にならないためのこれからの働き方
10項 「働く側の視点」で重要なこと
11項~14項 「働く場を提供する側の視点で重要なこと
15項 主流になってきたビジネスコーチング
16項 ゴーイングコンサーンを担保せよ!
17項~18項 しっかりとした危機対応型組織をつくる
19項 SWOT分析の重要性
20項 経営者よ!危機感を!

といった具合に、少子高齢化や政治的リスク、オリンピック後の景気急減速など、
「危機感」を持って「打ち手」を考えなければ、大組織にお勤めでも、あるいはどんな企業でも「あっという間」に吹き飛んでしまう可能性について等に言及しています。

これからの「脅威」や「危機」が様々押し寄せてくる時代に、
いかに自分の資産や、仕事・雇用、会社を守るか!?についての書籍故、
是非お読み頂き、ご感想など頂ければ幸いです。

〝危機感〟のない人にチャンスは来ない!
~トランプ大統領周辺ニュースにも今更驚かない!!目からウロコの経営・資産運用発想法~
セルバ出版   阿部重利著
https://www.amazon.co.jp/dp/4863673426/ref=cm_sw_r_li_awdo_I.cmzb1XBE05S


以上
この度は、取り急ぎご報告とともに
今後ともよろしくお願い申し上げます。

危機感のない人にチャンスは来ない

リスク軽減の御三家「資産分散、長期投資、時間分散」を日本...

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

この度、弊社代表のコラムリスク軽減の御三家「資産分散、長期投資、時間分散」を日本に普及させるにはが、マネーの達人に掲載されましたのでご報告申し上げます。

「ぬるま湯経済」に警鐘を鳴らし続ける2つの理由

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

この度、弊社代表のコラム戦後2番目に長い景気拡大期 心地の良い「ぬるま湯経済」に警鐘を鳴らし続ける2つの理由

が、マネーの達人に掲載されましたのでご報告申し上げます。

https://manetatsu.com/2018/04/124013/

シンギュラリティとは?

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

この度、弊社代表のコラムシンギュラリティとは?http://apl.morningstar.co.jp/webasp/yahoo-fund/nisa/fp_column140.html

が、ヤフーファイナンスに掲載されましたのでご報告申し上げます。

いきいきシニア起業入門セミナー

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

この度、「彩の国生きがい大学特別講座」として、弊社代表が、三州製菓株式会社の斉之平社長とともに登壇することになりました。

詳細はこちらをご覧ください。

 

いきいきシニア起業入門セミナー

 

無題

2018年版「中小企業白書」のポイント

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

この度、中小企業庁より、「平成29年度中小企業の動向」及び「平成30年度中小企業施策」(中小企業白書)が公表がされました。

 

ここには、最近の中小企業の動向や、現状の問題点における分析や対応策、生産性や売り上げアップにつながる取り組み事例などを紹介しています。

 

弊社では、簡単にポイントをまとめましたのでご参考にして頂ければと存じます。

 

【第1部】

最近の中小企業の動向について、中小企業の経常利益は過去最高水準にあり、景況感も改善傾向であること等が示されています。

また、中小企業の労働生産性や経営の在り方等について分析されています。

 

【第2部】

人手不足の現状を分析した上で、中小企業の生産性向上に向けた取組について分析されています。

例えば、業務プロセスの見直し、人材活用面の工夫、IT利活用、設備投資、M&Aを中心とする事業再編・統合などについて取り上げています。

 

(1)中小企業が生産性向上に向けた取組を進めていくためには、自社の経営課題を見つめ直すとともに、既存の業務プロセスを見直すことが肝要

 

(2)限られた人手で業務を回すための人材活用面での工夫については、近年非製造業でも取組が進みつつある多能工化・兼任化も重要

 

(3)IT利活用については、コストと効果を具体的に示した事例を豊富に紹介するとともに、日頃の相談相手である地元のITベンダー等がIT導入を働きかけていく必要性

 

(4)IT利活用の効果を高めていく上で、業務領域間のデータ連携(財務会計と給与管理間のデータ連携等)や企業間のデータ連携を行っていく重要性

 

(5)中小企業の設備投資については、足下では設備老朽化を背景とした維持更新投資が中心であり、省力化投資等の生産性向上に繋がる投資をより一層促進していく必要性

 

(6)事業承継等を背景に、中小企業のM&Aは増加傾向にあり、M&Aは買い手側の中小企業にとっても、相手先の企業との間でシナジーを発揮することで生産性を高める契機となっていることを分析

 

上記は弊社がまとめたポイントですので、詳細(中小企業白書)についてはこちらをご参照ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H30/PDF/h30_pdf_mokujityuuGaiyou.pdf

 

1 2 3 4 5 6 158
ページの先頭へもどる