ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

埼玉新聞に掲載されました。

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

先日弊社代表が、埼玉県工業団地連合会様の新春賀詞交歓会にて、

危機感”のない人にチャンスは来ない!というテーマで基調講演した模様

(http://humane-c.co.jp/2018/02/0212-4.html)

 

が埼玉新聞様に掲載されました。

 

ご報告とともに御礼申し上げます。

 

埼玉新聞

 

 

 

コラム【テールリスクとは? テールリスクに気をつけて】が...

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

この度、弊社代表のコラムテールリスクとは? テールリスクに気をつけてが、ヤフーファイナンスに掲載されましたのでご報告申し上げます。

http://apl.morningstar.co.jp/webasp/yahoo-fund/nisa/fp_column134.html

指示待ち社員を自ら動くようにさせるヒント

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

この度、弊社代表が「社員のモチベーション」について、取材を受けた内容が

リーダー必読!指示待ち社員を自ら動くようにさせるヒント

と題してメディアに掲載されました。

 

ご報告とともにご参考にして頂ければ幸いです。

 

リーダー必読!指示待ち社員を自ら動くようにさせるヒント

https://dime.jp/genre/502225/

 

埼玉県工業団地連合会様での講演

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

この度、

弊社代表が、埼玉県工業団地連合会様の新春賀詞交歓会にて、

「危機感”のない人にチャンスは来ない!」というテーマで基調講演致しました。

 

これからの我々を取り巻く様々な「危機」や「脅威」に向けて、どう対応していけばよいか?!

 

「人を生かす」ためにダイバーシティや女性活躍の事例なども織り交ぜながら講演致しました。

 

ご聴講頂きました皆さま、

埼玉県工業団地連合会様の皆さま

共催頂いた埼玉県庁さま

事務局をお務め頂いた埼玉県中小企業団体中央会さま

 

大変お疲れ様でした。

ありがとうございました!

27657773_1620405381379795_3675552363416096780_n

 

 

 

 

 

 

 

27654924_1639217789506061_5989522265538591883_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

27459455_1639217799506060_7704864997400647648_n

 

平成29年度補正予算「ものづくり・商業・サービス経営力向上...

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

平成29年度補正予算「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業」は、中小企業・小規模事業者が取り組む生産性向上に資する経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者の生産性向上を図ることを目的としています。

 

この度、中小企業庁より同補助金公募の事前予告がありましたので、ご案内申し上げます。

https://k.d.combzmail.jp/t/o50q/h0gdhfq0st4j6gays8zOi

 

要項を見た上でのポイントとして、

今年は一般型の補助率が2分の1ですが、”3分の2”になる要件として、

A、平成30年通常国会提出予定の生産性向上の実現のための臨時措置法(仮称)に基づき、固定資産税ゼロの特例を措置した地方自治体において補助事業を実施する事業者が、先端設備等導入計画(仮称)の認定を取得した場合

 

もしくは、
B、3~5年で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%に加え、「従業員一1人当たり付加価値額」(=「労働生産性」)年率3%を向上する中小企業等経営強化法に基づく経営革新計画を、平成29年12月22日の閣議決定後に新たに申請し承認を受けた場合
(上記の法律に基づく計画は、応募段階には計画申請中等で認める予定)

とあります。

そうしますと、特にBの場合、 早めの【経営革新計画】の準備が必要と思われます。

 

無題

 

 

1 2 3 4 5 6 138
ページの先頭へもどる