ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

「新製品」「新商品」「新サービス」開発の意義

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

先日、

オリエンタルランドは、2015年夏に東京ディズニーランドのトゥモローランドに、

ディズニー映画『リロ&スティッチ』を題材とした新規アトラクションを導入すると発表しました。

新規アトラクションは、子供から大人まで楽しめるシアタータイプのアトラクションで、

主役はスティッチとゲストとのこと。

 

シアター内の大きなスクリーンを通じて、スティッチと、ユーモアや驚きに溢れるやりとりを体験できるそうです。


今年は、史上最高の3000万人を超える来園者などと好調が伝えられていますが、

さらなる新商品・新サービスの開発の手をゆるめません・・

 

弊社、以前から申し上げていますが、

「新サービス」「新製品」「新商品」の開発の意義について語っている典型的な例だと思います。

 

 

正に、このことを以前にも書いていました!

       ↓

新商品開発と客単価アップの重要性  

http://humane-c.co.jp/2012/11/1103-3.html 

 

 

どの業界にしても、「市場の縮小化」や、「顧客ニーズの多様化」などという、

むずかしい時代背景を打開するために、、

「新サービス」「新製品」「新商品」の開発といったものは、「カギ」になると思うからです。

 

来年もその辺りのご相談にのったり、アドバイスをさせていただきたいと思います。

インフレ時代の投資&ビジネス戦略

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

先日、「インフレ時代の投資&ビジネス戦略」というテーマの講演をさせて頂きました。

 

やはり、日銀のインフレターゲット以来、この種の講演依頼を多く頂きます。

 

今回は、

①  マクロ環境

②  インフレとは?

③  インフレ下の投資戦略

④  インフレ下のビジネス戦略

⑤  ヒューマンリソースとは?

 

といったメニューで行いました。

 

 ところで、一口に「インフレ」とはいますが、実は「インフレ」には少なくとも大きく分けて3つの種類があります。

 

1つ目は、ガソリン価格や食料品価格の上昇によっておこる「コストプッシュ・インフレ」と言うものです。

 

2つ目は、お札の価値を引き下げることによっておこるインフレです。日銀が国債を大量に購入し続ける中、政府も多額の歳出を行った場合、それによって恩恵を受けた一部のお札の量が市中に急増し、物価だけが短期的に数倍、数十倍に高騰するという「ハイパーインフレ」です。

現代においてもロシアやトルコ、ジンバブエなどで起こったハイパーインフレは記憶に新しいところです。

 

そして3つ目が、需要が増加することで発生する「ディマンドプル・インフレ」です。

これは、「需要が強くなれば、生産が増え、企業は雇用を増やし、給料が上昇する・・その結果インフレ圧力が強まることになる」といった循環型のものです。

 

このように一口でインフレと言っても、種類によって原因や影響が違いますので、それらを見極める「目」を持ち、その上でどのような「投資&ビジネス戦略」を構築するか?!と言うことだと思います。

 

ハインリッヒの法則とは?

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

さて、あらためて【ハインリッヒの法則】についてですが、

この法則は、言わずもがな、

「一つの重大な事故の裏には29の軽微な事故があり、さらにその裏には300の「ヒヤリハット」があるという経験則のこと」です。

 

アメリカのハーバート・ウィリアム・ハインリッヒが研究・執筆したもので、

すべての災害の背後には数千にも達する不安全行動と不安全状態が存在することなどを指摘しています。

 

 

つまり、「重大な事故というものは、軽微な事故を防いでいれば発生しないものであり、
軽微な事故はヒヤリとするような事故を防いでいれば発生しないものである」ということを教えてくれています。

 

そこで、各組織においては、

少し意識すれば大ごとにならずにすむようなことを、日常的なミーティングで伝えたり、

担当者を決めてヒアリングしたりするのも一手かと思います。

 

いずれにしても、ビジネス上の「リスク管理」において、覚えておきたい法則だと思います。

お気軽にご相談下さい。

消費税転嫁対策室

平素はお世話になります。
中小企業の経営顧問、ビジネスコーチ、ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

さて、

この度決定しました平成26年4月1日から実施される消費税率の引上げに際し、

消費税を円滑かつ適正に転嫁できるかどうか?は、事業を行う者にとって最大の懸念事項の一つだと思います。

 

このため、経済産業省は、「消費税転嫁対策室」を設置し、

消費税の転嫁に係る取引上の悩みなどに関し、電話などで相談できる体制を整備しました!

 

各経済産業局等に「消費税転嫁対策室」を設置し、

各室合わせて過去に例のない500名近くもの転嫁対策調査官の配置がされています。

 

転嫁対策調査官は、書面調査等も活用しながら、

消費税転嫁に悩む全国の事業者の声を拾い上げ、厳正に取締りを行うとのことです!


有効に活用したいものですね。

 

お近くの[消費税転嫁対策室]の連絡先はコチラを御参照下さい。

   ↓

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2013/131002bessi.pdf

 

 

「ミラサポ」とは?

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。


中小企業にとって、

国や公的機関の支援情報や支援施策の内容を詳しく知る機会はなかなかないものです。

 

そこで、

中小企業庁では、中小企業・小規模事業者の未来をサポートするサイト「ミラサポ」を開設しています。


このサイトには、

中小企業・小規模事業者の「未来」をサポートする目的があります。

 

具体的には、国や公的機関の支援情報・支援施策、補助金情報などを、わかりやすく提供したり、

創業や経営の悩みに対する先輩経営者や専門家との情報交換の場を提供するというものです。

 

弊社も「専門家登録」しておりますので、お気軽にご相談ください。

 https://www.mirasapo.jp/specialist/index.html

 

「専門家派遣」も含めて、日本の屋台骨でもある中小企業の未来のために大いに活用して頂きたいものです!

詳しくは、以下サイトもご覧下さい。

    ↓

https://www.mirasapo.jp/

ページの先頭へもどる