ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

マル経融資(小規模事業者経営改善資金融資)とは?

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

さて、「中小企業金融円滑化法」が終了して来年春でちょうど3年経ちますが、

いわゆる暫定リスケ機関を経て、金融機関側の融資スタンスが変わってくる可能性もあります。

 

そこで、今回は、マル経融資(小規模事業者経営改善資金融資)について掲載しておこうと思います。

 

マル経融資(小規模事業者経営改善資金融資)とは、商工会議所および商工会であっせんしてくれる無担保・無保証人で利用できる融資制度です。

 

この融資制度の大きな特徴は、

商工会・商工会議所から経営改善を図るための経営指導を受けることにより、事業を進める上で必要な資金(運転資金・設備資金)を無担保・無保証(法人の場合は代表者の保証も不要)で融資を受けられることです。

以下、詳細です。

  ↓

【対象となる方】

常時使用する従業員が20人以下(商業・サービス業の場合は5人以下)の法人・個人事業主の方で、以下の要件をすべて満たす方
 ・商工会、商工会議所の経営指導員による経営指導を原則6力月以上受けていること
 ・所得税、法人税、事業税、都道府県民税などの税金を完納していること
 ・原則として同一地区で1年以上事業を行っていること
 ・商工業者であり、かつ、日本政策金融公庫の融資対象業種を営んでいること

【支援内容】

 

■通常枠
 ・対象資金:設備資金、運転資金
 ・貸付限度額:2000万円
 ・貸付利率:利率は変動しますので、詳しくは下記問合せ先にご確認ください。
 ・貸付期間:設備資金10年以内(据置期間は2年以内)、運転資金7年以内(据置期聞は1年以内)
 ・貸付条件:無担保・無保証人

【ご利用方法】

 ・主たる事業所の所在する地区の商工会・商工会議所へ申込み。
 ・申込みを受け付けた商工会・商工会議所が日本政策金融公庫に融資の推薦をします。
 ・日本政策金融公庫の審査を得て、融資が実施されます。

【お問い合わせ先】

 ・事業所の所在する地区の商工会・商工会議所
  (商工会については、全国商工会連合会 URL:http://www.shokokai.or.jp/
  (商工会議所については、日本商工会議所 URL:http://www.jcci.or.jp/
 ・日本政策金融公庫(沖縄振興開発金融公庫)の本支店

《金融支援》中小企業・小規模事業者への資金繰り支援強化制度

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

今回は経営資源のひとつ、「マネー関連」の情報です。

この度成立した「平成26年度補正予算」を踏まえ、本年2月16日から制度運用が開始された、日本政策金融公庫や商工中金における中小企業・小規模事業者に対する資金繰り支援や事業再生支援制度をご紹介いたします。

 

<政府系金融機関による資金繰り支援>

 

(1)概要

為替が円安方向に進む中、原材料・エネルギーコスト高などの影響を受け、資金繰りに困難を来たす中小企業・小規模事業者や省エネ投資を促進する事業者に対して、日本政策金融公庫や商工中金等が経営支援を含む手厚い資金繰り支援を行います。さらに、女性等による創業や円滑な事業承継など、地域における前向きな取組、また、NPO法人等の新たな事業・雇用の担い手に対応した融資を促進します。

 

(2)創設・拡充する主な融資制度の概要

 

1.「原材料・エネルギーコスト高対策パッケージ融資」

「セーフティネット貸付」の継続・拡充(運転資金)

…利益率が低下している場合や厳しい業況にあり認定支援機関等の経営支援を受ける場合に、金利を最大0.6%(小規模事業者は最大0.8%)引き下げます。

⇒ 貸付限度額:中小企業事業・商工中金7億2,000万円、国民生活事業4,800万円

 

「省エネルギー促進融資」の創設(設備資金)

…利益率が低下している中で、省エネルギーに資する施設等を取得し、省エネルギーを推進する場合に、金利を0.65%引き下げるとともに、従来とは別枠の貸付限度額とします。

⇒ 貸付限度額(別枠):中小企業事業7億2,000万円、国民生活事業7,200万円

 

2.創業支援・地方創生関連等

創業支援貸付利率特例制度」の創設

…創業前や創業後1年以内の場合に、金利を0.2% (女性や若者、U/Iターンによる創業者は0.3%)引き下げます。

 

「事業承継・集約・活性化支援資金」の創設

…事業の承継等に当たり、安定的な経営権の確保や付加価値向上などを行う場合に、金利を0.4%引き下げます。

⇒ 貸付限度額:中小企業事業7億2,000万円、国民生活事業7,200万円

※資本性劣後ローンを、従来とは別枠の貸付限度額(中小企業事業3億円、国民生活事業4,000万円)で利用することが可能です。

 

詳細などはお問い合わせ下さい。

http://humane-c.co.jp/contact.html

中小企業経営力強化資金とは

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

この度は、日本政策金融公庫による「中小企業経営力強化資金」のご紹介です。

 

この融資制度は、新事業分野の開拓「等」を行う皆様の経営力や資金調達力の強化に用立てて頂くためのものです。

 

<ご利用いただける方は、下記1,2を満たす場合>

1.経営革新又は異分野の中小企業と連携した新事業分野の開拓等により市場の創出・開拓(新規開業を行う場合を含む。)を行おうとする方

 

2.自ら事業計画の策定を行い、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律に定める認定経営革新等支援機関による指導及び助言を受けている方

 

<資金の使いみち>

「ご利用いただける方」に該当する方が、事業計画の実施のために必要とする設備資金及び運転資金

 

<融資限度額>

7,200万円(うち運転資金4,800万円)

 

<ご返済期間>

設備資金 15年以内(うち据置期間2年以内)

運転資金 5年以内(特に必要な場合は7年以内、うち据置期間1年以内)

 

尚、

※融資限度額のうち2,000万円までは、無担保・無保証人でのご利用が可能です。

※雇用の維持または拡大を図る場合は、融資制度に定める利率から0.1%引下げとなります。

 

実行されれば、一般的に低利で使い勝手の良い融資制度とも言われております。

 

弊社、

融資条件にある「認定経営革新等支援機関」ですので、融資要件、利率他、その他詳細についてはお気軽にご相談ください。

事業再生に成功する5つのポイント

 平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください

 

ここのところ吹き荒れている円安トレンドは大手輸出企業にはフォローの風ですが、中小企業には輸入仕入れコスト高を招き・・

 

はたまた今年4月の消費増税でユーザーの買い控え・・

 

など、中小企業を取り巻く環境は必ずしも晴々したものではないようです。

 

そんな中、

 

○資金繰りが続きそうもない!

 

○金融機関との信頼関係はどのように築けばよいのか?

 

○事業再生の過程で求められる経営責任とは?

 

○粉飾等が表に出た場合、どうなってしまうのか?

 

○後継者に会社を引き継ぐためには、どのような準備が必要なのか?

 

○今年もあと1月となり、総選挙をはさんで中小企業の経営環境はどうなっていくのか?・・

 

これらの問題に、どう対処すれば良いのでしょうか?・・

 

東京商工会議所主催の『事業再生に成功する5つのポイント』でも言及していました。

 

詳細などは弊社までお問い合わせ頂ければと存じます。

http://humane-c.co.jp/consulting.html

 

 

ナンバー2を育てる・・ナンバー2を選ぶ時に大切なこと・・

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

 昨日は某企業様のナンバー2にあたる方とお会いしてきました。

 

ではそもそも、皆様の組織にとって、

〇 現在、ナンバー2といった存在はいるでしょうか?

 

〇ナンバー2とはどういう存在でしょうか?

 

〇 自社にとってナンバー2は必要でしょうか?

 

〇 ナンバー2に何を期待しているでしょうか?

 

〇 ナンバー2をどう育てているでしょうか?

 

・・・

 

もちろん、

 

このテーマに関しては、各社各様の考え方があると思います。

 

 

 

〇現在、自分がナンバー1 で、既にナンバー2がいる

 

〇現在、自分がナンバー1で、ナンバー2 を探している

 

〇現在自分がナンバー2で、事業承継等によって、いずれ経営者になる予定 

 

〇そもそも自社にはナンバー2は必要ない

 

〇必要だと思うが見当たらない、 育て方がわからない

 

等々・・

 

 

 

いずれにしても、

 

重要だと思うことは、もしナンバー2が必要で、誰かを育てたい、抜擢したいと考えた 時・・ 

 

「いかに自社を愛していて、本当に自社を守る、延ばす意欲のある者であるか」

 

という基準を優先するべきだと思うのです。

 

 

 なぜなら、往々にして、 

「いかに社長(経営者)からみて、居心地の良い(イエスマン的な)者であるか」

 と言う基準が優先されているケースを見るからです。

 

 確かに、居心地の良い(イエスマン的な)者がなナンバー2なら、

 ナンバー1である社長(経営者)からすれば、目先はやりやすいかもしれません。

 

 しかし、

 その結果、苦言さえ呈する者もいなく、組織の多様性やリスク管理が失われ・・

 

結果、モラルハザードを生んでしまいやすいことは、これまで数多くの歴史が証明しているのではないでしょうか?!

 

そういう意味では、

昨日伺った会社様も、

「自分(ナンバー2)と社長(ナンバー1)とは180度ものの考え方や性格が違う!」

 

「だからこそ、社長(ナンバー1)としては、目先はやりにくいかもしれないが、

あえて自分が抜擢され、組織として回っているのだろう!」

 

とおっしゃっていたことがとても印象的でした。

 

ありがとうございました!

 

ナンバー2育成や事業承継についてもお気軽にご相談下さい。

http://humane-c.co.jp/training.html

 

 

 


ページの先頭へもどる