ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

電子書籍派? 紙派?

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

さて、10月20日本日の朝刊に『アマゾン、日本で電子書籍』の大きな見出し記事が掲載されています。

記事によりますと、インターネット通販で世界最大手の米アマゾン・ドット・コムは日本で電子書籍事業に参入し、小学館、集英社など出版大手と価格設定などで詰めの交渉に入ったそうです。

年内にも日本語の電子書籍を購入できるサイトを開設し、スマートフォンなどに配信、さらに自社の電子書籍端末「キンドル」も投入するそうです。

そして、これを受けるかのように日本勢も紀伊国屋書店や楽天がソニー製端末への書籍提供を始めるそうです。

 

私などは、これまでの従来型携帯電話へのサービスですと、字は小さいし、操作的にも電子書籍にはあまり積極的にはなれませんでしたが、今後、ipadやスマートフォン向けとなるとあまり抵抗感はなくなるような気がするのですが・・

もちろん、これは個人差があり、あくまで紙ベースと言う方も大勢いるとは思います。

しかしいずれにしても、現在の書籍や雑誌マーケットは約2兆円ある中で、電子書籍の市場規模は2010年度で約650億円くらいとまだまだ小規模なものです。

これが今後、日本でも電子書籍の割合は拡大してくると思いますし、時代の流れではないでしょうか。

 

追伸

まだ電子化はされていませんが、拙著「コモディティ投資入門」アスペクト社。

好評発売中故、アマゾンでも書店ででも、のぞいて頂ければ幸いです。

セミナーとラジオ対談のお知らせ

 平素はお世話になります。

企業経営、教育・研修、講演・セミナーのヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

ここのところ、だいぶ涼しくなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は10月に地方で予定されている一般公開セミナーのお知らせと、

先日、弊社友好提携先(パートナー)の榎本会計事務所の榎本税理士とインターネットラジオ対談を行った模様が収録されていますのでお知らせしました。

対談内容は「ワークライフバランスの重要性とコモディティ」と題しまして、ワークライフバランスの経営戦略としての位置づけや、先日発売されました拙著「コモディティ投資入門」についてお話させてもらいました。

また次回はワークライフバランスなどについて、詳細をお届けする予定ですので、榎本会計事務所様ともども今後も宜しくお願い致します。

セミナーのお知らせ

http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.cgi?ID=2859
http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.cgi?ID=2864
http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.cgi?ID=2865

 

インターネットラジオ対談


http://www.ecg.co.jp/blog/pod-taidan_post_431.php

コモディティ投資入門 発売

企業経営、教育・研修、講演・セミナーのヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

この度発表になった9月の月例経済報告では、景気は東日本大震災の影響で「依然として厳しい状況にあるものの、持ち直している」として基調判断は据え置きました。

ただし、「回復力の弱まっている海外景気が下振れた場合」をリスクとして追加するなど、

欧州ソブリンリスクによる国際金融資本市場への影響を注視する姿勢を示しました。

「持ち直している」と言った事に関しては、感覚的には議論になるかもしれませんが、いずれにしても海外情勢、引き続き要注目です。

 

さて、本日21日、出版社:アスペクト社より
拙著、【コモディティ投資入門】が発売されます。
タイトルは「投資入門」となっていますが、私としては「投資」を特に煽っているわけではなく、
サブタイトルにもあるのですが、これからの混沌とした時代において、
「普通の暮らしを守るため」に必要なリテラシーを、(投資等関係ないと考えているような)ビギナーから
ベテランまで幅広く読める構成になっていますので、
気軽に読んで身に着けて下さい!と言う思いで書き上げました。

私の本当の「思い」は後書きに記していますので是非、お読み頂ければ幸いです。

詳細は下記ご覧ください。

金価格、並びに今注目の国

 

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

先月発売された「あるじゃん」9月号にて、

かしこく儲ける「金投資」と題して、「金は買いにくい?」と思われがちなところ、今後予想されるチャンスに対し、何をどう売買するかなどについて解説・執筆させて頂きました。

 

その後の「金価格」の上昇ピッチはご存知のとおりで、22日のニューヨーク金先物価格は時間外取引でついに、1トロイオンス1900ドル台に乗せました。

 

あまりの発売タイミングの良さに各方面から問い合わせなど頂いております。
しかし、「いずれにしても『相場』のこと故、『偶々』の部分もあるわけですし、これだけ急ピッチで上昇すればそれなりの反動に対するリスク管理も必要であろう」と注意をうながしております。 

 

さて、話は変わりますが、今月20日発売の「あるじゃん」10月号においても、

小職、「今、投資すべき国」注目銘柄30 と題して解説・執筆しております。

 

これだけ、混沌としている世界経済ですから、正直難しい部分あると思います。

よって、「投資のための指南書」或いは「投資しなければいけない」などということは、決して考えてもおりません。

むしろ、客観的に世界経済を眺める上で、参考程度にでもして頂けたらと思います。

 

阿部重利  拝

1 5 6 7 8 9 10
ページの先頭へもどる