ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

ダイバーシティを共に学びましょう!

 平素はお世話になります。

 中小企業の経営顧問、ベストビジネスコーチ、ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

昨日の夜は、中小企業家の皆様に対し、

「ダイバーシティを共に学びましょう!」と題して、お話させて頂きました。

 

今回は、弊社・筆者独自の考えに基づく「ダイバーシティ」についてお話ししましたので、

一般的に言われている「ダイバーシティ」とは、

若干違う視点と言いますか?一線を画すと言いますか?・・

より根本的な、精神的なところまで掘り下げた内容ではなかったかと考えております。

 

半期末、月末などで大変お忙しいところ、

多くの社長様方や幹部社員の方がお見えになりました。

 

大変お疲れ様でした!

 

この度のような基本概念に沿って、

中小企業版「ダイバーシティ」をより啓蒙して行きたいと存じます!

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グッドカンパニーとワーク・ライフ・ハピネスの関係性

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

 

 昨日から、「グッドカンパニー」が尾道にあると聞いて取材に訪れています。

潮風の気持ち良い街です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『良い企業の条件』とは、何でしょうか?

「良い会社」、「良い企業」、「グッドカンパニー」・・

 

これには、

「こうでなければいけない!」」といった定義はないと思います、

 

〇財務が優れていることでしょうか?

〇経営の刷新度でしょうか?

〇社員教育の質が良いことでしょうか?

〇営業力の強さでしょうか?

〇市場開拓力の強さでしょうか?

〇社会貢献度の高さでしょうか?

〇経営者のマネジメント力の強さでしょうか?

〇企業文化の確立度が高いことでしょうか?

〇組織力・チーム力の強さでしょうか?

・・・

等、挙げ始めたらキリがありません。

 

どれも正解のようであり、

逆に「良い企業になるためには、必ずそうでなければならない」ということもないと思います。

 

それは、企業によって、あるいは時代背景や経済環境などによって、

求められているものも、変革するからではないでしょうか?

 

ただし、弊社としては、

「それら求められているものが変革していく」中でも、

グッドカンパニーのための、どの企業にも共通する普遍的なエッセンスとして、

私どもの創った言葉・概念=「ワーク・ライフ・ハピネス」http://www.amazon.co.jp/dp/4901221671/

があることを確信しています!

 

そして、「実践!ワーク・ライフ・ハピネス第2弾!」乞うご期待!!

 

ドラッカーに学ぶ「企業の目的は利益の追求ではなく、顧客の...

 平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

 

 さて、本日から連休明けで本格始動という企業も多いと思います。

 

そこで、改めて「ドラッカーの経営者に贈る5つの質問」についてまとめました。

 

ドラッカーとは周知の通り、

オーストリア・ウィーン生まれで米国の経営学者「ピーター・ドラッカー」のことであり、

企業の存在意義マネジメントに関する権威であります。

 

「経営者に贈る5つの質問」

     ↓

① 我々の使命(事業)は何か?

② 我々の顧客は誰か?

③ 顧客は何を価値あるものと考えるか?

④ 我々の成果は何か?

⑤ 我々の計画(目標)は何か?

 

以前に何回も見聞きした「質問」ではありますが、

正にあらためて新鮮な形で問いかけられているような気がしました。

 

やはり、ドラッカーの没後も

『マネジメント』が、多くの人々の間で、今でも読み継がれているのは、
「経営」の本としてだけではなく、人と人が一緒に働くことの喜びや、社会的存在としての人間の幸せの意味など、

根本のテーマが「人間が幸福になるにはどうすればいいか?」という点に集約されているからだと思えてなりません。

 

とても奥が深く、名言とされるものも多いのですが、

筆者の個人的に好きな言葉を二つほど。

 

「チャンスとは、ひとつのことに一心に集中することによって、かろうじて見つけることができるものである。」

 

「企業の目的は利益の追求ではなく、顧客の創造である」・・

 

クレームを活用して業務改善を!~グッドマンの法則に学ぶ~

 

平素はお世話になります。

 

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

 

ューマネコンサルティング株式会社です。

 

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

企業にとって、「クレーム、単なる「言いがかり」でしょうか?

 

もちろん、人や場合によっては「言いがかり」のケースもあるかとは思います。

 

ただし、基本的にクレームを頂けたことはありがたい!」、「クレームをチャンスに変える!」

などと思える企業は伸びると思います。


そのことは、

「グッドマンの法則」でも立証されていることです。

     ↓

グッドマンの法則とは?

http://humane-c.co.jp/2012/06/0613.html

 

 そこで、「クレームを活用して業務改善を!」というセミナーもご紹介します。

ご参考まで。↓
[日 時]5月16日(金)14:00~16:00
[場 所]目黒区民センター(東京都目黒区)
[参加費]無料   [定 員] 先着50名
[主催]東京商工会議所目黒支部
詳しくは、以下サイトをご覧ください


http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-56823.html

「ダイバーシティ」の「本質」を知って「企業戦略」に!」

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

 

この度、弊社代表のWEBスクールの「新講座」が公開されました。

 

タイトルは、「ダイバーシティ」の「本質」を知って「企業戦略」に!


「ダイバーシティ」という考え方・・


一般的には、「多様性」「相違点」などと解釈されています。

しかし現在、一般に流布している「ダイバーシティ」の考え方は、本質を見誤りがちであり、誤解や不明瞭なものが多いのが実情です。

本講座では
、具体的なワーク等も交えて、

「ダイバーシティ」の本質的な意味から、導入による効果までを解説します。


「ダイバーシティ」は義務でも道徳でも倫理でもない!

企業の生産力を向上させる「企業戦略」そのもの!

その詳細について本講座でお伝えしていますので、

これまでお題目的に唱えていた社会倫理としての「ダイバーシティ」を超えた、

「ダイバーシティ」の本質を学び、経営力向上のための「企業戦略」の骨子を学んで頂ければ幸いです。

最新の講座はこちらから↓
http://wisdom-school.net/content/258/

 

ページの先頭へもどる