ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

講演《危機感のない人にチャンスは来ない!~大変化の時代に...

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

先日4月22日、弊社代表が、東京中小企業家同友会中央支部様の総会にお招きいただき、《危機感のない人にチャンスは来ない!~”大変化”の時代にゆでガエル経営者にならないために~》 と題して基調講演致しました。

 

 令和の時代は中小企業にとって、「ピンチ」なのか!?・・     はたまた「チャンス」なのか!?・・    

 

外部環境の大変化、ワールドリスク、日銀政策、値上げについて、自社のコンピテンシーをどう築くか?、今後の中小企業経営について、令和に思うことなど・・

 

ご聴講頂きました経営者の皆様に今後の参考にして頂ければ幸いです。   ありがとうございました!  

 

 弊社、今後も【中小企業経営における外部環境】について諸般情報発信していく所存故、よろしくお願い申し上げます。

 

   

講演【"危機感"のない人にチャンスは来ない!〜"大変化"の時...

平素はお世話になります。
中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関
ヒューマネコンサルティング株式会社です。
ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

この度、弊社代表が東京中小企業家同友会中央区支部様総会において【”危機感”のない人にチャンスは来ない!〜”大変化”の時代にゆでガエル経営者にならないために〜】と題して基調講演致します。

 

中小企業経営において、「ネクストストラテジー」を考える際にも「外部環境」を知ることは非常に重要なことです。

 

昨今の国内政治経済、政策、米中、欧州、中東、その他のリスク要因、そして今後の展望など、皆様のビジネス、経営の参考にしていただければ幸いです。

 

中小企業を取り巻く2019年外部環境

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

 先日12月13日、弊社代表が、埼玉中小企業家同友会様にお招きいただき、【中小企業を取り巻く2019年外部環境】と題して講演致しました。

 

2019年以降、我々を取り巻く環境は、「ピンチ」なのか!?・・  

はたまた「チャンス」なのか!?・・  

 

ご聴講頂きました経営者の皆様に今後の参考にして頂ければ幸いです。

 

ありがとうございました!  

 

弊社、今後【経営における外部環境】についても諸般情報発信していく所存故、よろしくお願い申し上げます。

 

講演の模様が新聞掲載されました。

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

先日、弊社代表が、富士見市商工会様にて、

~これからの企業防衛術~働き方改革と事業承継対策の必要性】というテーマで基調講演した模様が埼玉新聞様に掲載されました。

 

ご報告とともに御礼申し上げます。

 

埼玉新聞

2018年版「中小企業白書」のポイント

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

この度、中小企業庁より、「平成29年度中小企業の動向」及び「平成30年度中小企業施策」(中小企業白書)が公表がされました。

 

ここには、最近の中小企業の動向や、現状の問題点における分析や対応策、生産性や売り上げアップにつながる取り組み事例などを紹介しています。

 

弊社では、簡単にポイントをまとめましたのでご参考にして頂ければと存じます。

 

【第1部】

最近の中小企業の動向について、中小企業の経常利益は過去最高水準にあり、景況感も改善傾向であること等が示されています。

また、中小企業の労働生産性や経営の在り方等について分析されています。

 

【第2部】

人手不足の現状を分析した上で、中小企業の生産性向上に向けた取組について分析されています。

例えば、業務プロセスの見直し、人材活用面の工夫、IT利活用、設備投資、M&Aを中心とする事業再編・統合などについて取り上げています。

 

(1)中小企業が生産性向上に向けた取組を進めていくためには、自社の経営課題を見つめ直すとともに、既存の業務プロセスを見直すことが肝要

 

(2)限られた人手で業務を回すための人材活用面での工夫については、近年非製造業でも取組が進みつつある多能工化・兼任化も重要

 

(3)IT利活用については、コストと効果を具体的に示した事例を豊富に紹介するとともに、日頃の相談相手である地元のITベンダー等がIT導入を働きかけていく必要性

 

(4)IT利活用の効果を高めていく上で、業務領域間のデータ連携(財務会計と給与管理間のデータ連携等)や企業間のデータ連携を行っていく重要性

 

(5)中小企業の設備投資については、足下では設備老朽化を背景とした維持更新投資が中心であり、省力化投資等の生産性向上に繋がる投資をより一層促進していく必要性

 

(6)事業承継等を背景に、中小企業のM&Aは増加傾向にあり、M&Aは買い手側の中小企業にとっても、相手先の企業との間でシナジーを発揮することで生産性を高める契機となっていることを分析

 

上記は弊社がまとめたポイントですので、詳細(中小企業白書)についてはこちらをご参照ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H30/PDF/h30_pdf_mokujityuuGaiyou.pdf

 

1 2 3 4 5 6 29
ページの先頭へもどる