ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

固定資産税・都市計画税の減免措置について

平素はお世話になります。
中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関
ヒューマネコンサルティング株式会社です。
ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している中小企業者等に対する償却資産及び事業用家屋に係る2021年度の固定資産税・都市計画税の減免が措置されています。

本減免措置に関しては、申告受付が1月末ですので、該当する企業様で申請がまだのところはお早めにお近くの認定支援機関等にご相談下さい。

 

詳しくは下記ご確認下さい。

固定資産税・都市計画税の減免制度 | 新型コロナウィルス関連 | J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト] (smrj.go.jp)

【問合せ先】
中小企業 固定資産税等の軽減相談窓口
電話:0570-077-322

2021年 新年のご挨拶

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

あけましておめでとうございます。

 

旧年中は格別のご高配を賜り、心より感謝申し上げます。

 

昨年は新型コロナウィルスの流行が発端となり、日本中、世界中が大きな不安に襲われました。

現時点で完全なる終息が見えない中、今年の経済環境にも大きな打撃は避けられない状況です。

一方で、ワクチンの開発が進むなど、明るい兆しもあります。

 

いずれにせよ、弊社が従前から申し上げている通り(コロナ云々の前から)、「“危機感”をもって【次の打ち手】を模索しなければ、中小企業はもちろん大企業でさえ、あっという間に窮境に追い込まれる時代」だと再認識させられた年だったと思います。

 

迎えた「丑年」の2021年は、各企業、各地域において色々な意味で”正念場の年”になると考えています。

 

そして、このような混沌とした時代だからこそ、弊社の存在、立ち位置、ミッションをより強く意識して、クライアント様のため、地域のために日々尽力する所存です。

 

弊社、ヒューマネコンサルティング株式会社は、そのコンピテンシーである「ひと、もの、かね」を守り・伸ばし、応援する企業として、今年もクライアント様の”人材育成”や”組織づくり・活性化”、”働き方改革”、そしてなんといっても多くの企業様の”ゴーイングコンサーン”のために全力で取り組んでまいります。

 

お客さまにより良い付加価値をご提供し、クライアント様、そして社会に多くの笑顔が溢れることに貢献すべく、邁進してまいります!

 

本年もヒューマネコンサルティング株式会社をよろしくお願い申し上げます。

 

令和三年元旦

ヒューマネコンサルティング株式会社 代表取締役社長

阿部 重利

コロナ禍で事業・社員を守るための実践~今こそ健康経営・ダ...

平素はお世話になります。
中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関
ヒューマネコンサルティング株式会社です。
ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

この度、弊社代表が埼玉中小企業家同友会にて【コロナ禍で事業・社員を守るための実践~今こそ健康経営・ダイバーシティが求められる~】と題してWEBセミナー報告を致しました。

 

ご聴講頂いた大勢の皆様、大変お疲れ様でした!

 

多くの方に参加頂き、やはりコロナ禍において、いかに事業を守るか?!社員を守るか?!等・・

 

皆様の関心の高さを実感致しました!

 

来年にかけての様々なリスク要因にも言及させて頂きました。

 

これから益々混沌として来ると思いますが、皆様の経営・ビジネスの参考にして頂ければ幸いです。

 

ありがとうございました!

ヨコ型リーダーシップとタテ型リーダーシップ

平素はお世話になります。
中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関
ヒューマネコンサルティング株式会社です。
ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

ヨコ型リーダーシップ」と言う言葉があります。

 

これは、リーダーが命令権限のある自分の部下にビジョンや進むべき方向を示し、彼らのモチベーションを高め、さらに先頭に立って組織を引っ張り、目標達成に責任をもつといった「タテ型リーダーシップ」に”対する”概念です。

 

つまり、「ヨコ型リーダーシップ」とは、

タテ型序列を前提としない、直接権限の及ばない相手に対し、間接的な影響力で行動を促すものをいいます。

 

「ヨコ型リーダーシップ」を発揮して、大きなシナジー効果を生もうとするものと言っても良いと思います。

 

平時で、ある程度予測可能な環境の場合、リーダーが問題解決の方法を熟知している場合などは、「タテ型」のリーダーシップが効率的で、間違いをおこすことも少ないと思います。

 

ただし、現在のような過去に前例がなく、予測不能な変化がおこりうるような「有事」の場合、チームの構成員一人ひとりの考えや経験、アイデアや情報を持ち寄って、より適切な解決方法を見出し、協働で取り組んでいくことを促すようなリーダーシップも重要ではないでしょうか?

 
【ヨコ型リーダーシップ】には、これといったマニュアルや方程式があるわけではなく、チーム構成員それぞれが自分の持ち味や強みを生かし、ステークホルダーに影響を及ぼしていくようなリーダーのイメージだと思います。

持続化給付金

平素はお世話になります。
中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関
ヒューマネコンサルティング株式会社です。
ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

昨日4月7日、政府は2020年度(令和2年度)補正予算案にて、「持続化給付金」(上限:中小企業200万円、個人事業主100万円)を閣議決定しました。

 

持続化給付金」の予算総額は、2兆4,276億円。ポイントは以下の通りです。

特に厳しい状況にある中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者等、その他各種法人等に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる事業全般に広く使える新たな給付金制度を創設。

 

①給付対象者
中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者等、その他各種法人等で、新型コロナウイルス感染症の影響により売上が前年同月比で50%以上減少している者。

 

②給付額
(前年の総売上(事業収入))-(前年同月比▲50%月の売上×12か月)
※上記の算出法により、法人:200万円以内、個人事業者等:100万円以内

#持続化給付金 中小企業 小規模事業者

 

1 2 3 4 5 6 31
ページの先頭へもどる