ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

ダイバーシティ研修「世代間のシナジー~主役はあなたです~」

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

昨日は、弊社代表が、

某労働組合様向けにダイバーシティ研修「世代間のシナジー~主役はあなたです~」の講師を務めさせて頂きました。

 

研修時間はもちろん、

懇親会まで楽しく有意義な時間を過ごすことが出来ました。

ご参加頂きました大勢の皆様、

お疲れ様でした!

 

世代間ギャップとダイバーシティの関係性、

そして、世代間ギャップをなくすための「秘策4カ条」・・

 

本気で実践して頂ければ、もうギャップに悩むということはなくなると思いますので!

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

ロバート・カッツの理論とビジネスコーチング

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

先日、ビジネスコーチングスキルのブラッシュアップのために研究会に参加しました。

そのなかで、あらためてビジネスコーチングには、

ロバートカッツの理論が根底に流れていると感じました。

 

ロバートカッツの理論とは、ハーバード大学の教授ロバート・カッツ氏が1955年に発表した、管理職の人材評価システムや人材育成プランを作るうえで基盤的な役割を担っている理論のことです。

カッツの理論では、求められるスキルとして「テクニカルスキル」、「ヒューマンスキル」、そして「コンセプチュアルスキル」の3つを挙げています。

 

そして、ビジネスコーチングではこれら3つスキルに対して、

クライアントによってその割合は異なえど、コーチング、実行支援して行くことだとあらためて感じました。

 

ちなみに3つのスキルとは、以下のようなものになります。

●テクニカルスキル

「オペレーションスキル」「業務遂行能力」とも呼ばれ、

自らが担当する業務を遂行するのに必要な専門知識や技術のことを指します。

仕事をするうえで、最前提となるスキルと言っても良いと思います。

 

●ヒューマンスキル

「対人関係能力」とも呼ばれるスキルで、

上司や部下、同僚、顧客、得意先などの相手方と上手くコミュニケーションをとる能力です。

 

●コンセプチュアルスキル

「概念化能力」とも呼ばれるもので、

周囲で起きている事象や状況を構造化し、問題の本質をとらえる能力のことです。

問題を見極めて解決するためには、情報を収集し、全体を把握、将来を予測して、解決策を具現化するという多くの能力が必要だと思います。

 

研究会では、どれか一つの論点に決めつけてコーチングするのではなく、

クライアントの「ビジネス成功のために」、「コーチングを受けようとしている目的のために」、

さらに「クライアントが思い描くビジョン達成のために」・・

あらゆる方向から支援策を探ることの重要性を再認識しました。

 

弊社、

最近、このカッツの理論やグッドマンの法則をベースにした講演依頼が多くなっています。http://humane-c.co.jp/seminar.html

 

また、そのエッセンスを活かした社員教育事業、企業研修事業 (http://humane-c.co.jp/training.htmlを請けたまわっていますので、

お気軽にご相談頂ければと存じます。

http://humane-c.co.jp/training.html#5173358978473075

 

 

 

労働組合様向け講演「関係性の質を高めるグッドサイクル」

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

 

昨日は、大阪にて某労働組合様向けに、「関係性の質を高めるグッドサイクル」と題して講演致しました。

 

「考働」とはどういういうことか?

 

「考働」のための「共通理念」とは?

 

そして、関係誠の質を高めるための「秘策」などについてお話しさせて頂きました。

 

真剣にお聞き頂きました皆さま、大変お疲れ様でした!

 

有難うございました。

 

追ってでも、今回の講演会を受けての実践状況や成果お聞かせ頂ければと思います。

 

弊社、労働組合様向けの各種講演は多数手掛けております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

http://humane-c.co.jp/seminar.html

 

 

 

今後の資産運用&ビジネス戦略の肝

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

 

昨日、弊社代表が、

「今後の資産運用&ビジネス戦略の肝」

と題して、新春 経済&ビジネス展望の講演会を行いました。

 

 

現在のマクロ環境

アベノミクスとは?

インフレとは?

今後の資産運用、防衛戦略

今後のビジネス、経営の肝

ワーク・ライフ・ハピネスの極意

等について、熱く語らせて頂きました!

 

 

ご清聴頂きました皆さま、

大変お疲れ様でした。

 

今年の、今後の皆様の資産運用・防衛、

そして、ビジネス・経営のお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場のラフレさいたま↓

 

社員教育研修の”成果”

平素はお世話になります。
中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関
ヒューマネコンサルティング株式会社です。
ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

弊社、日ごろから社員教育研修の事前打ち合わせ等で、各企業様の研修担当の方と話す機会が多いのですが、

その際、よく耳にするお話が、

「ウチの社員教育は現場に任せているが、自分が育てられてきたやり方を基に、部下や新入社員を教育している上司が多い」というお話です。

このような教育(が功を発揮する場合もあると思うので)を全て否定する気は毛頭ありませんが・・

 

一般的には、

「こう言われて自分のモチベーションがとても上がった」、

「こういうことは言われたくなかった」、

「こうされたことは嫌だった」

と言うことを元にマネジメントした場合、(それを言っている)上司自身にはフィットするかもしれませんが、

部下や新入社員全員にあてはまるかどうかは分からない問題だと思います。

 

従って、第三者による客観的な教育や研修が必要になってくると言うことでしょう。

 

 世の中には様々な企業がありますので、もちろん実際の研修は、それに合わせて業界・業種ごとに沿った内容になります。

ただし、弊社としては、業界・業種を問わない教育研修”成果”の代表的なものに以下のようなものがあると考えています。

 

1.顧客のニーズを把握するスキルをアップ
 知識や技術力は勿論のこと、

 顧客のニーズに対してソリューションが出来なければならない時代だと思います。

 よって、顧客企業やエンドユーザーとコミュニケーションをとり、

「顧客に好かれ、テクニックだけではない信頼感を得る」力をあげること。

 

2.プロジェクトチームの士気をアップ
 どんな立場にいても、チームのムードやモチベーションを高めることが、

 生き生きといい仕事をする条件だと思います。

 よって、「チームの士気を高め。価値観を共有できる」ようにすること。

 

3.顧客やチームメイトから信頼感をアップ
 継続的なビジネスをするうえで、社内のチームメイトからは勿論のこと、

 顧客からの「信頼」を勝ち取ることが重要だと思います。

 よって、「信頼感アップのためのヒューマンスキル向上」を目指すこと。

 

以上のような点だと考えております。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

http://humane-c.co.jp/training.html

ページの先頭へもどる