ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

スパン・オブ・コントロールとは? ジャニスの集団思考とは?

平素はお世話になります。

中小企業の経営顧問、ビジネスコーチ、ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

さて、「スパン・オブ・コントロールとはどういう意味でしょうか?

それは、管理者が統制できる部下の数のことであり、一般的に、5~7人くらいが良いとも言われています。

では、なぜ?5~7人くらいという数字が出てくるのでしょうか?

それを心理学でいう、「ジャニスの集団思考」で説明することも出来ます。

ジャニスの集団思考とは、

アメリカの心理学者、アーヴィング・ジャニスが、集団の心理的な特徴を表す用語として使ったもので、

 

集団で合議を行う場合に不合理や危険な意思決定が容認されること、あるいはそれにつながる意思決定パターンのことをいいます。

 

個人としての主張・意見は出しにくく、集団心理による暴走や逸脱を抑止できないといった特徴をあげています。

 

もちろん、反面、集団メンバーの意見や主張がまとまりやすく、

特定の問題解決に向けて一致団結して協力することができるなどといったメリットもあると思いますが・・

 

例えば、会議の場で、あまりに多くの人数が参加している場合、「この場で意見等言えない!」と思う人が大多数で、何となくトップの意向に沿って意思決定されてしまうようなことはないでしょうか?・・

 

もう少し少人数なら「意見言えたのに!」といった具合にです。

 

そういう意味で、「スパン・オブ・コントロール」の適正な人数として、あまり多くない方がいいと言われているのもうなずけるような気がします。

リピーターの創り方、真のホスピタリティ・モチベーションとは?

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

 昨日は、弊社代表が、いかにリピーターを創るか?」、真のホスピタリティとは?付加価値とは?」「モチベーションにおける勘違い」そして・・「ワーク・ライフ・ハピネス組織の作り方」について、熱く講演させて頂きました。

 

ご聴講いただきました大勢の皆様、

大変お疲れ様でした!

 

是非、実践して、効果をご報告頂ければと存じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイバーシティ研修「世代間のシナジー~主役はあなたです~」

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

昨日は、弊社代表が、

某労働組合様向けにダイバーシティ研修「世代間のシナジー~主役はあなたです~」の講師を務めさせて頂きました。

 

研修時間はもちろん、

懇親会まで楽しく有意義な時間を過ごすことが出来ました。

ご参加頂きました大勢の皆様、

お疲れ様でした!

 

世代間ギャップとダイバーシティの関係性、

そして、世代間ギャップをなくすための「秘策4カ条」・・

 

本気で実践して頂ければ、もうギャップに悩むということはなくなると思いますので!

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

顧客創造のために、組織の活性化のために

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

昨日は、弊社代表が、

大塚で「顧客創造のために、組織活性化のために」という講演を行わせて頂きました。

 

ご参加頂きました大勢の皆様、

ありがとうございました。

 

顧客創造組織の活性化・・

 

それぞれを成し遂げるための渾身の3カ条づつ。

 

太鼓判を押しますので、是非実践して頂ければと思います!

 

また、顧客創造や組織の活性にお悩みの企業様、団体様、

お気軽にご相談ください。

http://humane-c.co.jp/training.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロバート・カッツの理論とビジネスコーチング

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

先日、ビジネスコーチングスキルのブラッシュアップのために研究会に参加しました。

そのなかで、あらためてビジネスコーチングには、

ロバートカッツの理論が根底に流れていると感じました。

 

ロバートカッツの理論とは、ハーバード大学の教授ロバート・カッツ氏が1955年に発表した、管理職の人材評価システムや人材育成プランを作るうえで基盤的な役割を担っている理論のことです。

カッツの理論では、求められるスキルとして「テクニカルスキル」、「ヒューマンスキル」、そして「コンセプチュアルスキル」の3つを挙げています。

 

そして、ビジネスコーチングではこれら3つスキルに対して、

クライアントによってその割合は異なえど、コーチング、実行支援して行くことだとあらためて感じました。

 

ちなみに3つのスキルとは、以下のようなものになります。

●テクニカルスキル

「オペレーションスキル」「業務遂行能力」とも呼ばれ、

自らが担当する業務を遂行するのに必要な専門知識や技術のことを指します。

仕事をするうえで、最前提となるスキルと言っても良いと思います。

 

●ヒューマンスキル

「対人関係能力」とも呼ばれるスキルで、

上司や部下、同僚、顧客、得意先などの相手方と上手くコミュニケーションをとる能力です。

 

●コンセプチュアルスキル

「概念化能力」とも呼ばれるもので、

周囲で起きている事象や状況を構造化し、問題の本質をとらえる能力のことです。

問題を見極めて解決するためには、情報を収集し、全体を把握、将来を予測して、解決策を具現化するという多くの能力が必要だと思います。

 

研究会では、どれか一つの論点に決めつけてコーチングするのではなく、

クライアントの「ビジネス成功のために」、「コーチングを受けようとしている目的のために」、

さらに「クライアントが思い描くビジョン達成のために」・・

あらゆる方向から支援策を探ることの重要性を再認識しました。

 

弊社、

最近、このカッツの理論やグッドマンの法則をベースにした講演依頼が多くなっています。http://humane-c.co.jp/seminar.html

 

また、そのエッセンスを活かした社員教育事業、企業研修事業 (http://humane-c.co.jp/training.htmlを請けたまわっていますので、

お気軽にご相談頂ければと存じます。

http://humane-c.co.jp/training.html#5173358978473075

 

 

 

ページの先頭へもどる