ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

脱サラ!起業! 新規創業者向け 創業セミナーのご案内

 平素はお世話になります。

中小企業の経営顧問、ベストビジネスコーチ、ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

 

この度は、弊社代表も講師を務めます「新規創業者向け起業セミナーのご案内を申し上げます。

 

このセミナーは、中小企業庁による「地域創業促進支援事業」の一環として開催されるものです。

 

詳細は以下PDFをダウンロードの上ご確認、お問い合わせ頂ければと存じます。

  ↓

創業塾(スクール) (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


創業融資の増加傾向

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

先日、日本政策金融公庫の方の話を聞く機会がありました。

 

その中で、弊社ドリームゲートアドバイザー http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/humaneconsul

としても大変興味深かったのは、

「ここのところ創業企業への融資が伸びている」ということです!

 

平成25 年度の創業融資実績(創業前及び創業後1 年以内)は、22,800 企業(前年度比117%)、1,821 億円(前年度比137%)と2年連続で大幅に増加したとのこと。

 

また、税務申告を2期終えていない方へ無担保・無保証人で融資する「新創業融資制度」の平成25年度の融資実績は8483企業になったそうです。

 

融資企業数としては7年振り、金額では9年振りの高水準となりました。

 

これは、景気の持ち直しや国の創業支援政策の効果も相まって、積極的な設備投資を行う創業者が増えたこと等によると思います。

 

そして、最も興味深かったのは、「創業企業への融資を通して年間約84000人の雇用が創出され、これが大企業約69社分の従業員に匹敵する」というお話しでした。

 

創業時や創業間もない方の場合、営業実績が乏しい等の理由から融資調達が困難な場合も散見されますが、特に地域の身近な金融機関として、このような政策的金融機能を発揮してもらいたいものだと思います。

創業セミナー・創業スクールのご案内

平素はお世話になります。

中小企業の経営顧問、ベストビジネスコーチ、ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

今夏より、地域創業促進支援事業として、全国各地の実施機関において、「創業スクール」が順次開講されます。

 

弊社代表は、ドリームゲートアドバイザー、↓

http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/humaneconsul

として、日頃起業・創業をご支援していますので、この「創業スクール」について、ご紹介申し上げます。

 

今後、創業を志す方、興味をお持ちの方は参加のご検討してみたらいかがでしょうか?

 

この創業スクールでは、地域において新たに創業を予定している方、創業に再チャレンジする方等を対象に、経営、マーケティング、会計、税務等のカリキュラムを用意し、創業時に必要となる知識・ノウハウの習得や、ビジネスプランの作成支援を実施することで創業に向けたサポートを行います。

 

創業希望者のニーズにあわせ、「ベーシックコース」、「第二創業・再チャレンジコース」、「女性起業家コース」の3つの研修コースがあります。(受講料は有料)。

 

各創業スクールの開講にあたっては、「創業セミナー」(無料)を開催し、創業スクールのカリキュラムの説明等も行います。

 

また、創業スクールを通じて受講生の方が作成したビジネスプランの中から、優良なビジネスプランを選定し、全国ビジネスプランコンテストも開催します(2015年2月予定)。

 

ご興味のある方、各地の「創業セミナー」及び「創業スクール」の開催に関する詳細情報、参加申し込みについては下記ホームページをご覧ください。

   ↓

http://www.sougyouschool.jp/

 

 

「新製品」「新商品」「新サービス」開発の意義

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

先日、

オリエンタルランドは、2015年夏に東京ディズニーランドのトゥモローランドに、

ディズニー映画『リロ&スティッチ』を題材とした新規アトラクションを導入すると発表しました。

新規アトラクションは、子供から大人まで楽しめるシアタータイプのアトラクションで、

主役はスティッチとゲストとのこと。

 

シアター内の大きなスクリーンを通じて、スティッチと、ユーモアや驚きに溢れるやりとりを体験できるそうです。


今年は、史上最高の3000万人を超える来園者などと好調が伝えられていますが、

さらなる新商品・新サービスの開発の手をゆるめません・・

 

弊社、以前から申し上げていますが、

「新サービス」「新製品」「新商品」の開発の意義について語っている典型的な例だと思います。

 

 

正に、このことを以前にも書いていました!

       ↓

新商品開発と客単価アップの重要性  

http://humane-c.co.jp/2012/11/1103-3.html 

 

 

どの業界にしても、「市場の縮小化」や、「顧客ニーズの多様化」などという、

むずかしい時代背景を打開するために、、

「新サービス」「新製品」「新商品」の開発といったものは、「カギ」になると思うからです。

 

来年もその辺りのご相談にのったり、アドバイスをさせていただきたいと思います。

「イノベーション」とドラッカーの「7つの機会」

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上、各種補助金相談はお任せください。

 

日頃、我々は何気なく「イノベーション」と言う言葉を使います。

 

では、そもそも「イノベーション」とはどういう意味でしょうか?

 

一般的には、

「画期的な新技術」、

「顧客に対して、今までとは違う満足を与えること」、

「顧客に付加価値をもたらす新たな取り組み」

などとといった意味合いで使われることが多いと思います。

 

意味合いには若干の差異はあるかと思いますが、

いずれにしても「イノベーション」を起こすためのヒントになるのが、

ドラッガーの「7つの機会」ではないでしょうか?

 

そこで、今一度、

ドラッカーの「イノベーションのための7つの機会」をご紹介いたします。

 

  • 予期せぬこと
  • 価値観の変化
  • ニーズの存在
  • 産業構造の変化
  • 人口構造の変化
  • 認識の変化
  • 新しい知識

 

この「7つの機会」は、
自社が「イノベーション」に取り組もうとする際、
意外と身近なところにヒントがあることを教えてくれているように思うのです。
今後とも、
日常業務における、なにげない失敗や成功を安易に見逃すことなく、
危機感を持って、その原因を追及していくことが、経営革新成功の第一歩だと考えています。
ページの先頭へもどる