ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

新時代のビジネスモデル

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

以前に北海道旭川の「いわた書店」様のビジネスモデルを紹介しましたが、

   ↓ 

少子高齢化時代のビジネスモデル 旭川の「いわた書店」1万円…

http://humane-c.co.jp/2015/02/0213-3.html

 

日本酒の世界でも、このような御用達ビジネスを展開しているところがあります。

日本酒の定期購入サービスを行っている 有限会社油忠様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、創業500年にも及ぶ老舗酒屋の25代目大将が、目利き厳選したお酒を毎月送ってくれる「SAKELIFE」というサービスです。

 

まさに、「知識」と「思い入れ」と「御用達」の精神がなければ出来ないサービスだと思いますが、これからの新時代を考える際に大変参考になるビジネスモデルです!

 

SAKELIFEの詳細はこちらもどうぞ

   ↓

http://sakelife.jp/

スタートアップ・カンパニー・ブック

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

日本政策金融公庫では、技術やビジネスモデルに新規性・革新性のある創業期ベンチャー企業を資金面で支援した事例として「スタートアップ・カンパニー・ブック」を公表しています。

 

ここには、クラウドサービス、バイオテクノロジー、ビッグデータ、医療、化学工業、機械など、さまざまな業種の事業内容が掲載されています。

 

また、創業を決意した経緯や特徴的な取扱商品・サービスに加え、今後の事業展開等も記載されています。

 

これから創業を目指す人はもちろんのこと、既に創業後の方でも新商品開発や新事業への着眼点など、ビジネスシーンへのヒントや様々な生の経営情報が見つかると思います。

 

是非一度覗いて頂ければと存じます。・・↓

http://www.jfc.go.jp/n/finance/sougyou/startup_company01.html

「知的資産」「知的資産経営」とは

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。


弊社は「経営資源応援企業」ですので、本日は「知的資産」についてです。

 

知的資産」とは、従来のバランスシート上に記載されている資産以外の無形資産のことで、実は競争力の源泉ともいえる経営理念、人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等・・目に見えにくい「経営資源」の総称をいいます。

 

特勘違いされやすいのは、特許やノウハウなどの「知的財産」とイコールと思われがちですが、それだけではなく組織や人材、ネットワークなどの企業の強みとなる資産を総称する幅広い考え方であるということです。

 

さらに、このような、企業に固有の知的資産を認識し有効に組み合わせて活用していくことを通じて収益につなげる経営を「知的資産経営といいます。

 

そして、大きくは以下のように3分類できるといわれております。

 

  1.  人的資産( 人に属している資産)

    例:イノベーション能力、ノウハウ、技術、能力、人脈、経験、モチベーションなど

 

  1.  構造資産(会社に属している資産)

 例:企業理念、企業文化、ビジネスモデル、ブランド、データベース、仕組み、マニュアル など

 

  1.  関係資産(対外関係に付随したすべての資産)

   例:顧客、顧客満足度、取引先、仕入先、提携先、支援者、ネットワーク、金融機関との関係 など

 

弊社、「知的資産」を活かす「知的資産経営」は、経営を行う上で重要な手法だと考えております。

企業経営者やステークホルダーの方々は意外にもこれら「知的資産」について認識されていないケースが多いからです。

 

今後、金融機関との交渉、事業承継や、取引先開拓、新商品開発、採用活動、従業員のモチベーション向上など、さまざまな場面で活用でき、なおかつ、お金で買える資産と異なり、容易に他社に真似されにくい・・いわゆるコアコンピタンス要素ですから、企業にとっては競争力の源を再確認できる、非常に有益な手法だと考えております。

 

自社の「知的資産」などについてはお気軽にご相談ください。

 

 

 

創業塾【創業に関するおカネの知識】

 平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

この度、弊社代表が実践創業塾 http://wisdom-school.net/seminar/seminar20150126.html

の中で、【創業に関するおカネの知識】部門を担当いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、起業・創業するにあたって「おカネ」に関する知識は必須です。

自己資金の問題、借り入れや資金調達の問題、運用の問題・・

ひいては、

時代背景

ライフプランニングとマネープランニング

マネープランニングと創業の関係

創業前のマネープランニング

資産運用について

創業時の資金調達

創業後のマネープランニング・・

これらについてひとつづつ丁寧にご説明させて頂きました。

 

ご受講なされた方々がいずれ起業・創業に成功してイキイキとした組織をつくり、

ワークライフハピネスを実現して頂ければ本当にうれしいことです!

 

弊社の創業支援関係については、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://humane-c.co.jp/training.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国創業スクール選手権のご案内

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

弊社「創業スクール」のお手伝いをしていますので、

この度3月9日に開催される『第1回全国創業スクール選手権』のご紹介です。

 

この選手権は、全国291コースの「創業スクール」を通じて作成されたビジネスプランのなかから、事業の妥当性や実現性、新規性、優位性、地域の視点などを盛り込んだ優れたビジネスプラン計8件を選出し、最終的に経済産業大臣賞、中小企業庁長官賞などを決定・表彰するというものです。

 

弊社も経済産業省認定経営革新等認定支援機関として、「創業」支援に関わっておりますので、大変興味深いイベントです。

 

優れたビジネスプランが表彰されることで、全国的な創業マインドを醸成し、日本のイノベーション気運が高まることを期待しています。

 

詳細・お申し込みなどはこちらをどうぞ。

http://www.sougyouschool.jp/busicon/

 

 

 

ページの先頭へもどる