ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

起業の形は何が良いか?

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等

認定支援機関 ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

筆者は、経済産業省後援事業「ドリームゲートアドバイザーサービス」認定専門家に登録しています。

 ↓

 http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/humaneconsul

 

その中で、

多いご相談の一つが、「法人と個人事業のどちらの形がよいのか?」

と言った内容のものです。

 

確かにこの問題は、

単純にどちらがよい!とは、決めにくいと思います。

 

ということで、

簡単にそれぞれのメリット・デメリットについて、まとめておきたいと思います。

 

また、一言で「法人」といっても株式会社や持分会社である合同会社、合資会社、合名会社、責任有限事業組合などがありますので、

ここでは、株式会社のうち(取締役が一人でも良く、設立しやすい)株式譲渡制限会社と、

青色申告の個人事業ということに絞り、現行の税制等と言う前提で考えてみました。

 

一般的な法人(株式譲渡制限会社)のメリット

 1、信用度が高く、良い人材を確保しやすい。

 2、経営成績や財政状態を把握しやすく計画がたてやすい。

 3、経理内容がはっきりしている等の理由から、個人事業者よりも融資が受けやすい。

 4、経営者の給与は、役員報酬として受け取る(法人の経費)ことにより給与所得控除の適用がある。

 5、家族従業員も社会保険に加入できる。

 6、役員の生命保険料や退職金も必要経費にできる。

 7、生計を一にする親族からの借入金にも支払利子の計上ができる。

 8、損金の金額は翌事業年度から9年間繰越控除できる。

 9、消費税は資本金が1,000万円以下であれば創立事業年度及び翌事業年度については非課税

 10、事業期間を1年であれば自由に決められる。

 11、負債の責任は出資分のみ(有限責任)

 

法人(株式譲渡制限会社)のデメリット

 1、法人を設立する場合は、定款の作成と登記が必要。費用がかかる。

 2、社会保険料負担が大きくなりやすい。

 3、適時に正確な会計帳簿作成、複雑な申告書を作成しなければならないので、

   税理士等の報酬料等がかかる

 4、法人が赤字でも法人住民税の均等割がかかる。

 5、資本金1億円以下の法人は、交際費の90%(最高600万円)までしか損金に算入できない。
   資本金が1億円を超える場合には交際費は全額損金に算入できない。

 

個人事業(青色申告)のメリット

 1、設立は税務署へ事業の開始届と青色申告承認申請書を提出すればいつでも開始できる。

   設立費用は掛からない。

 2、届け出により専従者給与がとれる

 3、損失の金額は翌年以降3年間の繰り越し控除ができる

 4、青色申告特別控除65万円(65万円控除の要件以外の場合は10万円)が受けられる。

 5、業務の遂行上の交際費は全額経費計上できる。

 6、消費税は創業年度と翌年については免税事業者になる。

 7、会計帳簿等の管理や帳簿の作成が比較的簡単にできるため専門家の費用が抑えられやすい

 

個人事業のデメリット

 1、営業上の信用度・企業イメージが法人に比べると低い。

 2、事業と個人の資金が混同しやすい。

 3、社会保険は事業主及び家族従業員は国民健康保険・国民年金加入になり、

        将来の年金受給額が少ない。

 4、損失の金額は3年間(法人は9年間)しか控除できない。

 5、負債には、通常個人保証がつき、責任は個人財産にも及びやすい(無限責任)

 6、事業資産も個人名義のため、相続財産になる。

 

と言ったようなところでしょうか?

 

節税だけのため云々と端的に決めるよりも、

将来的な展望のもと、良く考えて選択するべきだと思います。

 

基礎を固めるまでは、当初費用や法人住民税等の掛からない個人で事業を開始し、
利益が大きく出始めた時に法人化すると言う選択肢も悪くないのではないでしょうか?
いずれにしましても、
身の丈と企業理念と将来展望に沿った形でのスタートをお勧めしています。

『ディズニーランドで結婚式』に関するFP的見解

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

今年の9月から、

東京ディズニーランドのシンデレラ城で結婚式を挙げられる、

「ディズニー・ロイヤルドリーム・ウェディング」プログラムなるものがスタートするそうです。

4月8日から予約を受け付け、申し込み多数の場合は抽選とのこと。

 

園内でのウェディングは、1983年の開園以来初めてで、

シンデレラ城のアトラクション「シンデレラのフェアリーテイル・ホール」内にある

「グランドボールルーム」を会場に、1日1組で結婚式ができるとのこと。

 

このプログラムには、東京ディズニーランドホテルの宴会場

「シンデレラドリーム」での披露宴やオリジナルウェディングケーキなどが含まれ、

ミッキーマウスやミニーマウスなどのディズニーキャラも会場を訪れるとのこと。

 

また結婚1周年記念に東京ディズニーランドホテルの宿泊(1泊分)がもらえるなどの特典もあるそうです。

 

そして、気になるお値段ですが・・

料金は50人で750万円、1人追加ごとに4万5000円とのことです。

 

この価格は高いのでしょうか?安いのでしょうか?・・

 

さて、筆者が、新人や若年社員向けの研修を行う際、

「人生の三大支出」について彼等、彼女らに聞くことがあります。

その場合、多くの人が「結婚費用」と答えます。

確かに若い人達にとって、これから控える「結婚」と言うイベントには、

とてつもなく多額の費用がかかると考えている人が多いと言うことの表れだと思います。

 

ちなみに、「人生の3大支出」に関しては、以前にも書いていますので、

以下ご参考にして頂ければと思います。

 http://humane-c.co.jp/2012/02/0215.html

 

金融広報中央委員会の「暮らしと金融なんでもデータ」によりますと、

2009年の調査で、首都圏の結納・婚約から新婚旅行までにかかった費用の平均額は、
仲人へのお礼、
結納・会場費、
両家の顔合わせ・会場費、
婚約記念品、
結婚指輪( 2 人分)、
挙式・披露宴・披露パーティー総額、
新婚旅行、
新婚旅行土産

まで入れて約450万円となっています。

 

しかし、実際には結婚するということは、新婚旅行に行って終わりではありません。

むしろ、そこからスタートしますので、

最低限の新生活準備のための費用も考慮する必要があると思います。

 

そこで、同じく「暮らしと金融なんでもデータ」によりますと、

2008年調査の平均で、

家具・インテリア・寝具の購入、
家電製品の購入、
嫁入り道具としての着物の購入、
賃貸費用、敷金・礼金
引越し費用

などをあわせて、約113万円となっています。

 

つまり、結納・婚約から新婚旅行プラス、新生活準備のための費用で、

平均的には約563万円かかるということになります。

 

確かにこの金額だけ聞くと、

若い人達が「結婚はお金がかかる!」と直ちに答えるのもやむを得ないと思います。

 

しかし、少し待ってください。

もちろん、ご家庭や、地域その他によって一概には言えませんが、

結婚の場合には、

「親の援助」と「ご祝儀」という「収入」が見込めるケースがあります。

 

同じく、「暮らしと金融なんでもデータ」2009年調査結果によりますと、

結婚資金・新生活準備費用の親・親族からの援助(首都圏)について、

親・親族からの援助があった人は、

結婚費用で78%
新生活準備費用で63%となっています。

 

さらにその平均援助額ですが、

( 結納、挙式、披露宴・披露パーティ、二次会、新婚旅行などあわせて)結婚費用で約204万円、
(インテリア・家具、家電製品、新居の購入・賃貸費用などの)新生活準備費用で約250万円となっています。

 

また、同じく、

2009年の調査結果で、披露宴・披露パーティーのご祝儀額総額(首都圏)は、

約222万円となっています。

 

もちろん、実際には、

これらの「援助」や「ご祝儀」といった収入見込みを単純に足し算することは出来ませんし、

先述もしましたが個人差、家庭や地域によって大きく違ってくることには注意が必要です。

 

しかし、いずれにしても、

若い人達が「お金がかかるので、結婚しない」と思い込んでいるならば、

昨今の「挙式・披露宴をしない“なし婚”」と言う選択肢も含め、

場合によってはそんなにかからないし、

また、お金をかけるか、かけないか? そのかけた金額を高いと感じるか、安いと感じるか?は、

結局のところ、当人やご家族の「思い」や「価値観」によって違う、

と解説するのも我々FPの役目かもしれないと考えています。

 

それにしても、

ディズニーランド内での750万円の結婚式に、

是非、お招き頂き、参列してみたい!!と思うのは私だけでしょうか?・・

ディズニーランドの教え・・楽しんで働く・・

平素はお世話になります。

中小企業の経営顧問、ビジネスコーチ、ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

昨日は大阪でビジネス・ライフプラン及びマネー運用関係のセミナーを行って来ました。

あいにくの雨でしたが、大勢の皆様にお集まり頂きまして、誠に有難うございました。

 

さて、昨日は日帰りでしたので、新大阪で「~人の心に魔法をかける~ディズニーランドの教え」を買い、帰りの新幹線で読み終えました。

 

これは、昨年書かれた本ですが、ディズニーランド運営の基本理念には、

1、安全

2、礼儀正しさ

3、ショー

4、効率

の4つがあり、何と言っても「お客さまの安全」を最優先するということでした。

オープン翌年に30~40cmほどの大雪となった日があり、徹夜でカスト‐ディアルキャストと呼ばれる清掃担当が掃除したそうです。

しかし、開園までには間に合わなかったのですが、その時には500台近い車が駐車場で入場待ちしていたとのこと。

この時、ディズニーランドは(アトラクション内やショップ・レストランなどは雪は関係ないので)開園は出来たと思いますが、

相当の批難は覚悟の上、「お客様の安全」を優先し「休園」としたそうです。

今年の震災当日のディズニーランドの対応やキャスト(従業員)の行動が報道されていましたが、それもうなずけるエピソードだと思いました。

 

そして、数え上げればきりがないのですが、ビジネスや企業経営に携わる者として、参考になるウォルト・ディズニーの言葉。

 

「どんなにお金をかけて人工的なものをつくっても、それがモノである以上、3度行けば飽きてしまう。だから問題はそこで働く人なんだ。人の魅力で売らなければだめだ」

「人は感動することで、必ずその場所に帰りたくなるものなんだ」

「一人一人がマーケティング感覚を持つ」

「人がもっとも感動するのは、人と人とのコミュニケーションだ」

「本当によいサービスは、人間的なところから湧き上がるように出てくるものだ」・・・・・

 

どれをとっても、実際にディズニーランドに行った人なら「なるほど」とうなずけるほど、

ウォルト・ディズニーの理念が浸透し、実践されていると思いました。

 

そして、お気づきのように、あれだけの設備投資をしながらも、結局は「企業は人」といった結論が良く伝わるのでした。

このあたりが、「キャスト(従業員)をブランド化する」というディズニーランドの戦略なのだと思います。

 

こう書いていると、なんだか久しぶりに行きたくなってきましたが・・

 

そして、筆者自身が企業研修を預かる身 (http://humane-c.co.jp/training.html)として、

ワークライフバランスの重要性を説くNPO代表(http://work-life-supporter.org/)として、

ウォルト・ディズニーから蓄積されたディズニーランドの企業文化とも言えるもので、とても「感銘を受けた言葉」があります。

 

それは・・

「職場で働く人たちを抑圧する様な環境がなく、仕事に集中でき、働いていること自体を楽しめるようになっていること」・・

 

為替相場の予想

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

最近、「為替相場の予想は?」「ドルはどこまで下がる?」等と言った相談やご質問をよく受けます。

 

為替相場の決定要因としてよく言われるのが、物価水準の違いや金利格差、経常収支の状況、投機的マネー動向、政治・軍事的情勢、主要人物の発言、介入などがあります。

 

勿論そのような要因は潜在的或は瞬間的にはあると思います。

しかし、本当の意味で「底をつける」、もしくは「天井をつける時」とはどんな時でしょうか?

これは私の持論ですが、(マーケットの世界では為替のみならず)結局のところ「持っている人が売りつくす時に底をつけ、買いたいと思っている人が買いつくす時に天井をつける。」

ということです。

 

このことは、

〇チャートの世界で言う「下ひげ」、「上ひげ」

〇振り子は振り切らなければ戻らない

等と言った言葉に繋がると思います。

 

勿論、相場の世界は、言葉で言うほど簡単ではありませんので「最終的に幾ら!」等とは決して言い切れず、これは冒頭の質問に対する答えにはなっていないかも知れません。

 

しかし、「為替相場の予想は?」「ドルはどこまで下がる?」等といった相場の事を考える際、「売りつくされたのか?」「買いつくされたのか?」「振り子は振り切ったか?」などと言った視点を忘れないことはとても重要であると考えています。

 

直近では19日NY外国為替市場で円相場が一時75円台に入りましたが・・

例えば「悲観」「懐疑」「楽観」「幸福感」の4つがあるとして、
今の相場が、「その4つの内、どこに当たるのか?という視点を忘れない」ということです。
そうすれば、
答えが見えてくるのかもしれません・・・

 

著名投資家ジョン・テンプルトンの言葉

「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」・・・

 

1 49 50 51 52 53 54
ページの先頭へもどる