ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

中小企業家しんぶんに書籍紹介されました。

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

この度、

全国の中小企業家向けに約41000部発行されている「中小企業家しんぶん」4/15号、書籍紹介ページに、弊社代表執筆の『~ 成功する会社は仕事が楽しい!~実践ワーク・ライフ・ハピネス2http://humane-c.co.jp/worklifehappiness.html

が紹介・掲載されました。 

 

以下、新聞記事より一部抜粋致します。↓

【日経平均株価が15年ぶりの高値を更新した株式市場で、賃金や福利厚生費を増すと言った「社員に優しい企業」が注目されている」(日本経済新聞)と報じられました。

本書では「誰かに勝つために仕事をするのではなくて、自分と企業とそして顧客と世の中のために仕事をする」社員が増えることで顧客に配慮し、さらに期待を上回る水準で提供できるようになるとしています。

また、そのことは付加価値が高まる分コストが下がることにもつながると展開しています。

社員参加の経営計画づくりや到達点の確認とともに社員の能力育成など、「達成文化」と「人間性促進文化」を備えることの大切さを紹介。

「社長が変われば社員も会社も変わる」、「働く女性のハピネス感は重要な経営資源」、「社員が一丸となって経営理念をつくる幸せ」などのキーワードが満載です。

紹介された書籍は一般書店にてお求めください。】

以上

 

ありがとうございました。

労働組合様向け、真のワークライフバランス・ダイバーシティ...

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

昨日は弊社代表が、某労働組合様向けに、

真のワークライフバランスダイバーシティを突き詰めることの重要性。

結果、ワークライフハピネス組織を目指すことの意味。

そのための3つのポイント。

 

などについて講演させて頂きました。

 

ご聴講頂きました皆様、

大変お疲れ様でした。

ありがとうございました!

 

昨日も申し上げましたが、何かしら一つでも自分の組織に持ち帰って活用して頂けたら幸いです。

 

弊社のこれまでの労働組合様向け講演や研修実績はこちらを。

http://humane-c.co.jp/wp/wp-content/themes/hmc/img/top/profile.pdf

 

受講者の皆様と(ご許可頂いて掲載させて頂きました)

 

 

素敵にねんきん暮らし ~60歳からの衣・食・住・お金の知恵袋~

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

この度、宝島社から発刊の『素敵にねんきん暮らし~ 60歳からの衣・食・住・お金の知恵袋~

の中で、弊社代表が「60歳からのハローワーク」と題して取材インタビューされたものが掲載されています。

 

60歳からの選択肢として、

①完全リタイア

②雇用継続

③転職

④独立・起業

に分けて、それぞれの特徴や注意点について解説しています。

 

Yahoo!ファイナンスニュースに取り上げられました。(東京五...

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

この度、東京五輪の経済効果やこれからのREIT市場について言及した弊社代表のコラム『東京五輪を踏まえて「REIT」を再考察する』が、ヤフーファイナンスニュースに取り上げられました。

  ↓

http://www.morningstar.co.jp/webasp/yahoo-fund/nisa/fp_column49.html

中小企業の人材不足問題~2015年版中小企業白書より~

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

 昨日、経済産業省中小企業庁が月内の閣議決定を目指す2015年版「中小企業白書」の概要がわかりました。

 

弊社として、今回注目しているのが、「小規模企業(製造業なら従業員20人以下)の白書を初めて策定」したことです。

これら小規模企業は、事業所数がピーク時から小売業で50%減、製造業で46%減とほぼ半減していますので、策定タイミングは遅きに失した感もありますが、いずれにせと現状把握に努めていただきたいものです

 

また、内容としては、

「アベノミクス」の恩恵が十分に及んでいない中小企業が質・量両面で人材不足に直面している課題が浮き彫りになっており、中小企業の景況感について消費税増税後の悪化から「足元では持ち直しの動きも見られる」と分析するものの、円安で原材料の仕入れ単価が上昇して採算が厳しくなっており、「販売価格に転嫁できる対策が重要」と説明。

 

さらに、

大企業の海外進出が加速したことで相互依存関係が希薄化し、中小企業でも自ら需要を開拓する必要性に迫られているなか、優秀な人材の確保や技術開発の拡大に成功した企業の収益率は「大企業をしのいでいる」と強調している模様です。

 

中小企業の場合、実際には、そう簡単に「人材確保」が出来ていないケースも多いと思いますが、正に中小企業の宿命として、最重要経営資源である「人財育成」「人を生かす」経営の重要性が問われていると思います。

 

お気軽にご相談ください。

http://humane-c.co.jp/2015/02/0212-2.html

ページの先頭へもどる