ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

「知的資産」「知的資産経営」とは

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。


弊社は「経営資源応援企業」ですので、本日は「知的資産」についてです。

 

知的資産」とは、従来のバランスシート上に記載されている資産以外の無形資産のことで、実は競争力の源泉ともいえる経営理念、人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等・・目に見えにくい「経営資源」の総称をいいます。

 

特勘違いされやすいのは、特許やノウハウなどの「知的財産」とイコールと思われがちですが、それだけではなく組織や人材、ネットワークなどの企業の強みとなる資産を総称する幅広い考え方であるということです。

 

さらに、このような、企業に固有の知的資産を認識し有効に組み合わせて活用していくことを通じて収益につなげる経営を「知的資産経営といいます。

 

そして、大きくは以下のように3分類できるといわれております。

 

  1.  人的資産( 人に属している資産)

    例:イノベーション能力、ノウハウ、技術、能力、人脈、経験、モチベーションなど

 

  1.  構造資産(会社に属している資産)

 例:企業理念、企業文化、ビジネスモデル、ブランド、データベース、仕組み、マニュアル など

 

  1.  関係資産(対外関係に付随したすべての資産)

   例:顧客、顧客満足度、取引先、仕入先、提携先、支援者、ネットワーク、金融機関との関係 など

 

弊社、「知的資産」を活かす「知的資産経営」は、経営を行う上で重要な手法だと考えております。

企業経営者やステークホルダーの方々は意外にもこれら「知的資産」について認識されていないケースが多いからです。

 

今後、金融機関との交渉、事業承継や、取引先開拓、新商品開発、採用活動、従業員のモチベーション向上など、さまざまな場面で活用でき、なおかつ、お金で買える資産と異なり、容易に他社に真似されにくい・・いわゆるコアコンピタンス要素ですから、企業にとっては競争力の源を再確認できる、非常に有益な手法だと考えております。

 

自社の「知的資産」などについてはお気軽にご相談ください。

 

 

 

« お知らせトップに戻る
ページの先頭へもどる