ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

少子高齢化時代のビジネスモデル 旭川の「いわた書店」1万円...

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。


 

さて、北海道旭川の「いわた書店」様をご存知でしょうか?

 

少子高齢化が進み、これまで主流だった少品種大量生産型、あるいは大企業型といわれるビジネスモデルが曲がり角をむかえている昨今・・

 

まさにこれを「御用達」というのだと思います!

 

これからの「イノベーション」に大きなヒントを与えてくれているのではないでしょうか?!

 

書店業界も御多分に漏れず、というよりも(約16年間で 8,353軒の書店がなくなったとも言われ、)これだけデジタル化が進めば、むしろ非常に厳しい部類の業界だと思われます。

 

ところが、「いわた書店」様は、「1万円選書」という商品で、なんと現在662人待ちとのこと。

 

当面、一万円選書の募集は停止しており、再開は、来年2016年初旬の予定だといいます。

 

この「1万円選書」のきっかけは、岩田社長が以前、高校同窓会の先輩の前で書店業界の厳しい状況を話した際、「それじゃあ面白そうな本を見繕って送ってくれよ」と数人の先輩から1万円札を渡されたことだそうです。

 

ただ、「時代背景が厳しい!」・「アゲインスト!」とあきらめる前に、「こんな時代だからこそ!」という発想で新商品開発、イノベーションへのチャレンジを忘れないようにしたいものだと思います。

« お知らせトップに戻る
ページの先頭へもどる