ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

貿易赤字と為替への影響

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

 

以前に、

易赤字は今後も続くか?

http://humane-c.co.jp/2013/02/0218-2.html

 

を書き、

その中で「貿易赤字が今後も続く可能性」について言及していました。

 

 

そんな折、昨日財務省が発表した国際収支状況速報によりますと、

11月経常収支は単月として過去最大の5928億円の赤字となりました。

 

 

その主な要因は、やはり「貿易赤字」のようです・・

 

 

貿易・サービス収支は、1兆3643億円の赤字となりました。

 

 

これは、原粗油や液化天然ガスを中心とした輸入増加が影響していると思われます。

 

 

つまり、

冬季に膨らむエネルギー輸入が貿易赤字を拡大させ、所得収支で補いきれなかった結果、

経常収支全体として、大きな赤字になったということでしょう。

 

 

この貿易赤字の状況が続くようですと、為替市場にも潜在的な影響を与えると考えています。

ページの先頭へもどる