ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

米量的緩和政策の出口論

 平素はお世話になります。

中小企業の経営相談、経営顧問、ビジネスコーチ ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

2日に発表された7月のアメリカ雇用統計で、

非農業部門就業者数の伸びが、16万2000人となりました。

 

これは、18万人超がコンセンサスだったマーケットにとってはネガティブサプライズだったと思われます。

 

今年3月の数字は悪かったものの↓参照

http://humane-c.co.jp/2013/04/0407-2.html

 

 

その後、ソコソコ回復感があっただけに、

思っていたほどには米雇用回復の勢いが強くなかったことが示された形となったようです。

 

この結果を受けて、早ければ9月とみられていたFRBの量的緩和政策の出口論がやや後退したかもしれません・・

 

マーケットがそれをドル安要因としてとらえるか?

緩和継続、金利低下要因としてとらえるか?・・

 

注目したいところです。

ページの先頭へもどる