ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

着眼大局・着手小局

平素はお世話になります。

中小企業の経営相談、経営顧問、ビジネスコーチ ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

さて、筆者の好きな言葉に、

「着眼大局・着手小局」というものがあります。

 

これは、中国の古典である荀子の言葉ですが、

物事を大局的な見地から見ながら、目の前の小さなことから実践するという意味です。

 

スポーツの世界でも、

リーダーは「明確なゴールを設定したうえで、目の前の具体的な指示を分かりやすく示すと良い」などと言われます。

 

それが企業の場合、

例えば、長期経営計画などの「大きな目標に向けて何をすべきか?!。」・・

 

リーダーは、その大きな方向性を示しつつ、

(もちろん、社員が自ら考え行動できるようにすることも重要ですが)

時には、何をすべきかを小さなレベルで具体的に示す、あるいは自ら率先して行動することも大事だと思います。

 

ただし、気をつけたいのは、

リーダーは、組織としての本質的な変化を見落とし、近視眼的な部分最適論に陥り、

全体最適にブレーキをかけるようなことがないよう気をつけたいものです。

 

いわゆる、

「鳥の目、虫の目、魚の目をもって組織を成功へと導く」

という全方位的な目線の重要性だと思います。

 

木内酒造様に「グッドカンパニー」を学ぶ!

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

 

昨日は、茨城県の木内酒造様に見学に行って参りました。

 

木内酒造様は、創業1823年の歴史ある酒蔵です。

 

そしてその歴史を支えてきた水や世界中から選りすぐった最上級の素材を用いた「地ビール」は知る人ぞ知る存在です。

 

その品質は2000年、2001年とドイツDLG品質保証の2年連続最高位を受賞、2002年の英国ABTコンテストでの世界チャンピオンの評価を獲ているのです!
つまり、「常陸野ネストビール」は世界で最も売れている日本のクラフトビールということだそうです。
IMG_4186
確かに、口に含んだ瞬間、これまでのビールの概念を吹き飛ばす鮮烈な驚きに出会いました!
ビールというものがこんなに個性的で味わい深いものかと思いました。
この味や、社員さま達から受ける印象は、
まさに木内社長のお話しの中に垣間見える「経営哲学」に基づいたものなのだと実感しました!。
IMG_4184
木内社長、有難うございました。
筆者が能書き言うよりも
是非一度見学に、もしくは一度ビールの味を堪能して頂ければ、木内酒造様のグッドカンパニー度がわかると思います。
こだわりのホームページはこちら ↓

 

そして、弊社としても、

今回学んだことも含め、

「グッドカンパニー」のための、どの企業にも共通する普遍的なエッセンスと、

各企業ごとに違う、解決すべき問題点の両者についてお伝えしながら、

弊社事業柱の一社員教育事業、企業研修事業http://humane-c.co.jp/training.htmlを行っていく所存です!

 

北国からの贈り物

平素はお世話になります。

中小企業の経営相談、経営顧問、ビジネスコーチ ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

一昨日夜は、

中小企業家同友会埼玉東部地区の「北国からの贈り物」の加藤社長のお話しを聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「北国からの贈り物」は、

拙著、

「実践 ワーク・ライフ・ハピネス ~ワーク・ライフ・バランスを越えて 働き方が変わる 会社が変わる!~」


の第3章にも出てくる、元気でハピネスな企業です!

 

一般にはインターネットビジネスが絵空物語的だった90年代に、

「これからは必ずやネットビジネスの時代が来る」と信じ、

幾多の苦難を乗り越えて現在の会社にし、今も進化し続けています。

 

このあたりに、以前取材させて頂いた時と同じかそれ以上の

加藤社長の「信念力」、「想い力」の強さを感じることが出来ました。

 

そして、

「100kmウォーキング」の話についても同じものを再び感じました。

これは、毎年7月に北海道の道東で、100kmウォーキングを行うイベントです。


当初は安全面などで反対も多く苦難の連続でしたが、
正に加藤社長の「信念力」、「想い力」で、
今や8回目の開催となり、回を重ねる毎に参加者も増え、
大きなムーブメントとなりつつあるイベントです。
 
約25時間かけて、100km近い距離を歩くので、
相当の精神力と体力が必要となりますが、
その分、完歩したときの感動も、今までの人生で感じた事がない程、強烈な体験となるそうです!

大会のテーマは、感謝、感激、感動!です。

川湯温泉、摩周湖、屈斜路湖という道東を代表する大自然の中を歩き、
金曜日の前夜祭では、海の幸、山の幸を楽しみ、大会中のチェックポイントでも地元のそばや蟹汁など提供されます。
大会終了後は、温泉につかって、のんびりすることも出来ます。

という事で、興味のある方は、こちらをご覧ください。
昨年の大会を紹介した5分程度ダイジェストムービもあります。

http://100kmwalk.jimdo.com/

大会の申し込み締め切りは今週いっぱいとなりますので、

今年は無理という方も、来年チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
 
尚、この100キロウォーキングは勿論、ワーク・ライフ・ハピネスという経営戦略に関して、
拙著、「実践 ワーク・ライフ・ハピネス ~ワーク・ライフ・バランスを越えて 働き方が変わる 会社が変わる!~」
 
に詳細載っておりますのでご一読頂ければと存じます。

創業補助金公募のご案内

平素はお世話になります。

中小企業の経営相談、経営顧問、ビジネスコーチ ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

さて、この度、

中小機構では、新たに起業・創業や第二創業を行う女性や若者などを対象に、

その創業などに要する経費の一部を補助する事業の第2回目の募集を開始しました。

 

<主な支援の対象>

〇地域の需要や雇用を支える事業を興す起業・創業

〇海外市場の獲得を念頭とした事業を興す起業・創業

〇既に事業を営んでいる中小企業・小規模事業者において後継者が先代から事業を引き継いだ場合などに業態転換や新事業・新分野に進出する第二創業

 

<公募期間>

6月28日(金)まで【当日消印有効】

 

尚、

公募の受付・審査、補助金の決定・交付は、各都道府県の事務局が行い、

本補助金は複数回の公募を予定しているそうです。

このような取り組みが、

地域における需要の創出や取り込みを促進し、中小企業の活力の元に、

ひいては日本経済大復活のエンジンになることを願います。

詳しくは、以下サイトをご覧下頂けれ場と存じます。

   ↓

http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html

「私の履歴書」に2回登場!?

 

平素はお世話になります。

中小企業の経営相談、経営顧問、ビジネスコーチ ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

仕事柄、

日本経済新聞朝刊文化面に掲載されている「私の履歴書」はマネジメントやモチベーションアップなどに役立つところが多いと思っています。

 

この「私の履歴書」は、1956年3月1日にスタートし、第1回は鈴木茂三郎氏で、当初は不定期な掲載だったそうです。

 

今では、毎月1か月間(1日から末日)に渡って1人を取り上げるスタイルが定着しており、

原則、生涯に1回登場ということになっています。

 

ところが、唯一生涯に二回登場した人物がいます!

 

それは・・・

 

「松下幸之助」氏で、

1回目は松下電器産業社長として1956年に、

2回目は相談役として1976年に登場しているそうです。

 

なかなか1回でも登場できる人がいないのに、2回とは!

 

何はともあれ、すごい!と思います。

ページの先頭へもどる