ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

長期金利に注目

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

さて、

昨年、衆院解散表明された11月14日あたりから、

次期政権の経済政策への期待感などが高まり、

それまでの円高・株安傾向が大きく転換しました。

 

円相場は、20円以上も円安になり、

日経平均株価は、70%以上も上昇しました。

 

また、1~3月期の実質成長率(年率換算)は3.5%となりました。

 

そこで、注目したいのが、『長期金利』の動向です。

 

10年の国債利回りは、

半年前の約0.75%から今年4月には一時、過去最低の約0.3%台まで低下し、5月に入ってからは一転上昇しました。

 

以前にも書きましたが、

一口に「金利上昇」と言っても、

景気拡大に向けた自然な金利上昇か?

 

それとも、日本売り、国債売りが先行し、貸し出しが鈍って景気の腰折れにつながる(いわゆる)悪い金利上昇か?

 

円・株式相場とともに、『長期金利の動き』にも注意が必要だと思います。     

ページの先頭へもどる