ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

パレートの法則とは?

平素はお世話になります。

経営コンサルティング、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

今回は、よくビジネスシーンで使われることが多い「パレートの法則」について、

今一度整理しておきたいと思います。
 
これは、
「構成要素を大きい順に並べた時、上位20%の要素で全体の80%程度を占めることが多い」という法則のことです。
 
例えば、「上位20%の顧客で売上げの80%を占める」
「故障原因の上位20%で80%の故障を説明できる」
といったようなものです。
 
ただし気をつけたいのは、
「どんなケースでも20-80の比率が当てはまるわけではない。」
ということです。
 
業界や会社によっては、10-90の場合もあれば、30-70の場合もあると思います。
 
よって、
「パレートの法則」とは、あくまで経験上頻繁に観察される比率であり、むしろ「経験則」に近いものだと思うのです。
 
つまり、筆者的には、
自然現象や社会現象は決して平均的ではなく、ばらつきや偏りが存在し、
それを集約すると(何%と言った正確な割合ではないものの)「一部」が全体に大きな影響を持っていることが多い」
ということを言っているのだと考えています。
ページの先頭へもどる