ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

米雇用統計結果

平素はお世話になります。

経営コンサルティング、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

米労働省が5日に発表した3月の雇用統計によりますと、

非農業部門の就業者数は、季節調整済みで前月比8万8000人増と、前月の26万8000人増(改定値)からかなり鈍化しました。

 

また、失業率は7.6%で、前月比0.1ポイント低下とやや改善しました。

 

筆者的にサプライズだったのは、

非農業部門の就業者数が、事前コンセンサス約20万人増に対して随分少なかったと言うことです。

 

これは、昨年6月の8万7000人増以来の小さな伸びにとどまったということになります。

 

この3月の数字だけで一概には言えないとは思いますが、

今回の結果は、「歳出削減問題」がどのような影響をもたらすかを示すシグナルの可能性もあるだけに、

今後も米雇用情勢、ひいては景気状況について引き続き注意深くウオッチしていく必要があると思います・・

 

ちなみに、「歳出削減問題」については、

  ↓

「財政の崖」とは?

を御参照の程。

ページの先頭へもどる