ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

「リーダーシップ」と「マネジメント」の違い

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

昨日は「リーダー」研修を行って来ました。

御参加の皆様、大変お疲れ様でした!

 

さて、

ここで良く出る論点ですが、

「リーダーシップ」と「マネジメント」の違いについてです。

 

諸説ありますし、個々の感覚によっても意見の分かれるところかと思いますが・・

 

ちなみに本日は、

ジョン・P・コッター氏の説をご紹介します。

 

おおよそ以下のようなことを述べていますので、ご参考まで。

 

「リーダーシップ」は、組織をより良くするための変革を成し遂げるものであり、

①進路の設定
②人心の統合
③動機付けと啓発

などを行うものである。

 

それに対し、「マネジメント」は、

複雑な環境にうまく対処し、既存のシステムの運営を続けるものであり、

①計画立案と予算策定
②組織化と人材配置
③コントロールと問題解決

などをおこなうものである。

 

氏は、変革の時代に必要なものはリーダーシップであり、

その重要な要素を「リーダーの掲げるビジョン」であるとしています。


そして、

組織においては、「マネジメント」と「リーダーシップ」のどちらかが優先劣後するようなものではなく、

(それぞれの役割や課題達成プロセスなどの違いを明確にした上で)同時並行的に必要なものとしています。

 

たしかにこの「どちらかが優先劣後するものではない」というところは共感します。

 

そして、実際にうまく行ってる組織では、サブリーダー的存在(ナンバー2)が、リーダーと分担して「マネジメント」を担っているケースが多いものです。

ページの先頭へもどる