ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

新創業融資とは

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関 

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

筆者はドリームゲートアドバイザー登録していますが、⇒ http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/humaneconsul

 

 

起業・創業のご相談をお受けする場合、最初の「資金繰り」に関してと言うものがあります。

 

その際の 1手法として、日本政策金融公庫 国民生活事業の「新創業融資制度」と言うものをご紹介する場合があります。

 

これは、

新たに事業を始める方や事業を開始して間もない方に無担保・無保証人でご利用いただける制度です。

 

ただし、以下 諸般条件もあります。

 

次の1~3のすべての要件に該当する方

 

1 創業の要件

 

新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方

 

2 雇用創出、経済活性化、勤務経験または修得技能の要件

 

次のいずれかに該当する方

 

(1) 雇用の創出を伴う事業を始める方

 

(2) 技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方

 

(3) 現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方

 

 (ア) 現在の企業に継続して6年以上お勤めの方

 

 (イ) 現在の企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方

 

(4) 大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関

連した業種の事業を始める方

 

(5) 既に事業を始めている場合は、事業開始時に(1)~(4)のいずれかに該当した方

 

3 自己資金の要件

 

事業開始前、または事業開始後で税務申告を終えていない場合は、

創業時において創業資金総額の3分の1以 上の自己資金(注)を確認できる方

 

(注) 事業に使用される予定のない資金は、本要件における自己資金には含みません。

 

また、審査の結果、希望に添えないこともありますので、注意が必要です。

 

詳細は、以下を御参照頂けたらと思います。

http://www.jfc.go.jp/k/yuushi/atarasiku/04_shinsogyo_m.html

keieikakushin_bn_over

 

« お知らせトップに戻る
ページの先頭へもどる