ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

エコカー補助金

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

FP的話題を。

 

ライフプランセミナーなどで、

人生の三大支出について、聞くことがあります。

 

そうしますと若い人の場合、

「結婚」「車」と言った答えが返ってくることがあります。

 

もちろん人によってはこの二つに相当お金がかかることもあるでしょう。

特にどちらも複数回に及びますとそれなりに・・

 

一般的な三大支出に関しては、こちらをご覧頂ければ。

  ↓

人生の三大支出

(http://ameblo.jp/humane-c/entry-11165340983.html

 

さて、その「車」に関してですが、

ハイブリッド車など低燃費基準を達成した自動車の購入者に交付されるエコカー補助金が、

想定よりも早い今年7月にも終了する可能性が出てきたようです。

 

申請を受け付けている次世代自動車振興センターによりますと、

6月1日時点の申請台数は151万2100台で、

4月の受付開始から2カ 月で予算枠2747億円の52%を消化したそうです。

 

当初は予算の消化は9月ごろと見込まれていたようですが、

これからボーナス商戦を控え、

申請数はさらに増加すると思われますので、

7月には予算を使い切ってしまう可能性もあると思われます。

 

そうしますと、

補助金対象車の中には、納車に数カ月かかる人気車もあり、

納車のタイミングによっては、補助金のメリットを受けられない可能性もあるようです。 

 

仮に8月以降はエコカー補助金が使えなくなってしまうと、

それでなくても不安定な景気状況に水を差しかねないと考えるのは筆者だけでしょうか・・

商店街の自主取り組み提案事業

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

先日、東京スカイツリーを見学してきた話は掲載しました。

  ↓

http://humane-c.co.jp/2012/06/0612.html

 

実は、その見学後、京島周辺の下町探索も行って来ました。

 

中でも、「キラキラ橘商店街」などは、

昭和レトロのたたずまいを醸し出し、下町人情たっぷりのとても印象的な商店街でした!

 ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、地元の人に聞いたのですが、

「この周辺は、スカイツリーのオープン後特需を期待していたものの、

人は浅草などに流れるため、今のところ、特需らしきものは、ほとんどない」

とおっしゃっていたのが意外でした。

 

いずれにしましても、

日本再生のために、

地域の中小企業や商店街が元気であることが不可欠だと、

あらためて思った次第です。

 

 

さて、そのような地域の商店街を支援する施策として、

「商店街の自主取り組み提案事業」があります。

 

これは、

「商店街等が、課題解決に有効な新たな取り組みについて、

カリキュラム等を含む研修企画の提案をし、

採択された商店街等は、提案に応じて1~5日の期間、専門家等による研修を受けられる」というものです。

 

商店街等が希望する専門家の他、

地域が抱える課題に応じた有識者やファシリテーター、コーディネーター等が派遣されるというものです。

 

つまり、

商店街の意欲の高まりや、その自主的な取り組みに対して支援する仕組みと言えるでしょう。

 

内容ですが、

 ↓

[支援センターが委託する費用の上限額・費目等]

(1)上限額:30万円(税込み)

(2)費目

  ①講師謝金
  ②講師旅費
  ③教材費(印刷外注費・作成外注費)
  ④会場費(会場借料・会場設営費)

 

[募集期間]

  4月27日(金)~12月20日(木)

※原則、各月20日までに申し込んでいただき、翌月から事業を実施。

尚、

詳しくは、こちらをご覧頂ければと思います。

 ↓ 

http://www.syoutengai-shien.com/koubo-list/905-h24-jishutorikumi.html

グッドマンの法則とは?

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

ビジネスコーチング、社員教育、組織力向上、経営計画策定、補助金支援はお任せください。

 

今夜は、社員教育に関してお話をさせて頂く予定があります。

その中で、「グッドマンの法則」についても触れようと思っています。

 

では、グッドマンの法則とは何でしょうか?

 

これは、アメリカのジョン・グッドマン氏が、

苦情処理と再購入決定率の相関関係を計量化した結果と、

口コミの波及効果を測定した結果をまとめたもののことです。

 

それでは、

以下、簡単にご説明したいと思います。

グッドマンの第一法則
 ↓
不満を持った顧客のうち、苦情を申し立て、

その解決に満足した顧客の該当商品・サービスの再購入決定率は、不満を持ちながら苦情を申し立てない顧客より高い」。

つまり、

「商品・サービスを購入したお客様が不満を感じた場合、

会社やお店に申し立てをした場合と、申し立てをしなかった場合を比べてみると、

申し立てをしなかった顧客の再購入率は9%なのに対して、

申し立てを行なったお客様の中で、

その解決が迅速でありお客様の満足につながった場合は、82%のお客様が再購入をしている」というものです。

よって、

お客様の苦情に速やかに対応し、その結果、満足した結果が得られた場合は、

そのお客様はリピーターになる可能性が高いとも言えると思います。

 

グッドマンの第二法則
  ↓
「苦情処理に不満を抱いた顧客の非好意的な口コミの影響は、

満足した顧客の好意的な口コミに比較して、二倍も強く影響を与える

好意的な口コミは、4~5人に伝えるといいますが、

それに対して、非好意的な口コミは、9人~10人に伝えるそうです。

つまり、

お客様が抱いた印象のうち、「あのお店は良い」「美味しい」「あの店員の感じがよかった」という情報より、

「おの店はいい商品がない」「まずい」「あの店員の感じが悪い」といった情報の方が倍も伝わるということです。

昨今では、

インターネットやフェイスブックもありますから、その伝達幅とスピードは想像以上のものでしょう。

 

この法則から学べるものは、

CSも大事だが、その前に顧客満足を与えないということ。

納得しない人の口コミは、その会社やお店の信用に大きく影響を及ぼすという事です。

 

そして、お客様の苦情は、重要!」だということ。

お客様の声には真実があり、社内や社員からは聞くことできない改善点やビジネスヒントもあるということです。

今後も、苦情を聞くことをクレーム処理などと考えず、

前向きに対応にあたることが、自社や自店の成長につながるという発想が重要だと思います。

 

そして、そのようなことが出来る人材を育てることこそ、

真の社員教育の一環であると思います。

 

弊社、最近グッドマンの法則をベースにした「顧客創造」や「リピーター戦略」、「マーケティング」についての講演依頼が多くなっています。http://humane-c.co.jp/seminar.html

 

またそのエッセンスを活かした社員教育事業、企業研修事業 (http://humane-c.co.jp/training.html

を行っていく所存です。

 

お気軽にご相談下さい。

 

テレビ埼玉(テレ玉)に

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

当欄でも「桶川FPフォーラム2012」について、

お知らせしましたが、

先日、その告知がテレビ埼玉(テレ玉)にて放送されました。

 

その際、昨年のFPフォーラム時の模様が映っており、

その中で、筆者のセミナー時の様子も放送されていたそうです。

友人が写真を送ってくれました。

 ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筆者、

今回は登壇しませんが、

「桶川FPフォーラム2012」の詳細は以下になります。

 

暮らしやお金に関する、参加費無料のセミナーと相談会となりますので、

近隣にお住いの皆様、その他ご興味のある方は、遠慮なくご参加頂ければと存じます

 詳細

 ↓

日時:平成24年6月16日(土)13時~(受付開始12:30)
場所:桶川公民館(埼玉県桶川市西1丁目5−21)
共催:桶川市商工会
内容:1.セミナー
   (1)「事業承継のポイント(法人向け)」
   (2)「事業承継のポイント(個人事業主向け)」
   (3)「すぐできる子育て世代の家計の見直し」
   (4)「すぐできる熟年世代の家計の見直し」
   (5)「マイホームは『持ち家』か『賃貸』か」
   (6)「これからはじめる金融資産運用」

    2.個別相談会
   貯蓄と運用、保険の見直し、住宅ローン、相続・事業承継、
   ライフプラン、年金・老後資金、教育資金

申込み:桶川市商工会
    TEL048-786-0903(平日10:00~17:00)
    FAX048-786-0904

問合せ:日本FP協会埼玉支部
    TEL048-650-2667(平日10:00~17:00)
    FAX048-650-2668

 

尚、以下

日本FP協会埼玉支部 FPフォーラム情報もご覧頂けたらと思います。

宜しくお願い致します!

 ↓

https://www.jafp.or.jp/tbb/?hojin_cd=911

東京スカイツリー初展望!

 

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

昨日、初めて東京スカイツリーに登って来ました。

 

東京スカイツリーの展望台は約350mと約450mに設けられており、

第一展望台まで登り、そこで更にチケットを買って(約40分待ち)、第二展望台まで見て参りました。

ちなみに、

450mの第二展望台はタワーでは世界最高の高さだそうです。

 

ということで、

本日は、これまで筆者がスカイツリーに関して書いていたもの昨日撮った写真

(手前味噌のようで恐縮ですが)、是非見て頂けたらと思います。

宜しくお願い致します。

 ↓

東京スカイツリーの経済効果

http://humane-c.co.jp/2011/12/1222.html

 

とうきょうスカイツリー駅と東武スカイツリーライン

http://humane-c.co.jp/2012/03/0318.html

 

スカイツリーに登る予定!

http://humane-c.co.jp/2012/05/0522.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←下町人情キラキラ橘商店街

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ←逆さスカイツリー名所、十間橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へもどる