ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

生命保険の種類

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

この程、国内生命保険会社の多くが、

「2013年4月から、終身保険や養老保険など主力商品の新規契約分の保険料を値上げする方向」との報道がありました。

これは、

契約者に約束する運用利回りの目安となる「標準利率」について、

金融庁が現行の年1・5%から年1・0%に12年ぶりに引き下げる見通し(今年10月にも来年4月以降の引き下げを決める方向のため決定ではありませんが)で、

保険料を増やさなければ保険金の原資を確保できなくなるためであります。

 

ところで、 

終身保険や養老保険など・・

と一言で言いますが、

40数社の保険会社があり、さらにひとつの保険会社で、何十種類もの保険を扱っていますので、

「いったい保険の種類はいくつあるんだ?」

といった疑問がある方もいるようです。

 

しかし、

ごく簡単に分類すると、

分け方にもよりますが、保険の種類というのは、「3種類」と考えて良いと思います。

 

沢山あるように見えるのは、「種類」ではなく「販売商品」で、

「基本の3種類に様々な特約を付けたもの」と考えればよいのではないでしょうか。

 

では、その3つですが、保険に入る目的別に見てみますと、

以下の3つに大別されると思います。

 

(死亡保障)自分に万一のことがあった場合、残された遺族のための保障

  「定期保険」
     「期間の定まった」生命保険で、

      一定の保険期間内に被保険者が死亡したときに、死亡保険金を受け取ることができます。

      この一定の期間中に、保険事故が起きなかった場合は、原則、保険金を支払われません。

      いわゆる「掛け捨て」型の死亡保険で満期保険金はありません。

 

  「終身保険」
                  定期保険と異なり、死亡保障が一生涯続く保険です。

     また、保険会社・商品によりますが、

     保険料払込満了後、蓄積部分と積立配当金をもとに年金や介護保障に変更することもできます。

 

  「養老保険」
     一定期間の死亡保障があり、さらに契約終了時に生存していれば、

     死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる生命保険です。

     つまり、死亡保障と貯蓄機能の両方があります。

(医療保障)自分が病気やけがで入院した場合、そのときの入院費用を保障

  「医療保険」
     病気やケガで入院したり、手術を受けたときに給付金を受け取ることができる生命保険です。

     保険会社・商品によりますが、一般的な医療保険では、

     死亡したときも(少額の場合が多いですが)死亡保険金も受け取れるものもあります。


(老後保障)自分が将来、長生きして資金的に不安な場合、それを補填するための保障
  「個人年金保険」
     被保険者の生死に関わらず、一定期間年金が受け取ることができる「確定年金」。

     保証期間中は被保険者の生死に関わらず年金が受け取れ、

     以降、生きている限り年金が受け取れる「保証期間付終身年金」。

     一定期間において、生きている限り年金が受け取ることができる「有期年金」

     などがあります。


いずれにしましても、

今後、保険料も値上げされる可能性があるとすれば、

上記のような3類型を念頭におき、

自分にとって、必要な保障、向いている保険(やその組み合わせ)、目的などについて、

改めて考える機会かもしれません。

国債海外保有比率と流動性預金の増加

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

先日19日、

日本銀行は、2012年1~3月期の資金循環統計を公表しました。

 

その中で、

我々ファイナンシャルプランナーと特に関係の深いところでは、

家計の金融資産が前年度比0.7%増の1513兆円と3年連続で増加。

うち現金・預金が前年度比2.3%増の835兆円と6年連続で増加。

預金の内訳は、流動性預金が4.9%増の310兆円、定期預金が0.6%増の464兆円。

外貨建て資産は、家計の金融資産総額に占める比率2.5%の38.6兆円と、過去3年間横ばい圏内。

などと言ったところでした。

 

やはり、預金の中でも流動性が大きく伸びているのは、

「低金利」、「不景気による漠然とした不安感」などといった背景があるのだと思います。

 

また、

同じく公表された3月末の国債発行残高ですが、

前年度比4.9%増の919兆円と過去最高を更新しました。

 

そのうち、

海外部門による保有残高は同23%増の76兆円となり、

国債残高に占める構成比は8.3%と年度末ベースで過去最高となった模様です。

 

国債残高における海外比率の増加と

家計の流動性預金の増加。

何か気になるのは筆者だけでしょうか?・・

ジム・ロジャースの「見解」

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

昨夜、大阪出張より戻りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

行きの新幹線の中で読んだのですが、

20日の日経新聞に「ジム・ロジャース」氏へのインタビュー記事が載っていたのをご覧になりましたでしょうか?

 

「ジム・ロジャース」氏と言えば、

1973年に「ジョージソロス」氏と共同設立した、伝説のヘッジファンド「クォンタム・ファンド」で、

世界の株式市場が混迷した70年代に累計約4000%のパフォーマンスを上げて名をはせたことで有名です。

 

そのロジャース氏のこの度の「見解」は、

聞く人によっては意見の分かれるところもあるとは思いますが、

以下、要点をまとめてみましたので、あくまでご参考まで。

 

①19世紀は英国、20世紀は米国、21世紀は中国の時代

②中国も沢山問題を抱えているのはわかっているが、欧米に比べればマシ

③今、最も注目している国はミャンマー

④インドは双子の赤字や政治力の弱さなどから当面厳しい

⑤最も重視してきた投資先は「商品」

⑥「商品」のなかでも、最も値上がりが期待できるのは「穀物」

⑦ユーロは今後も混乱は避けられないが、将来的には対米ドルで強含む

⑧日本は少子化が懸念材料

と言ったような内容でした。

 

いかがでしょうか?

確かに人によっては意見の分かれるところがあるとは思いますが、

筆者としては、参考になったり、面白いと思った点がありました。

「商品企画基礎講座」

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

創業のご相談にしても、

既存の企業様にしても、

「モノ」が売れない時代と言われる中で、

いかに「マーケティング戦略」を打ち立てていくか?!ということは、とても重要な要素だと思います。

 

そこには、

企業のビジョンや開発戦略、商品企画力、デザイン力など、さまざまなものが影響すると考えています。

 

そこで、

そのような「力」を磨きたい企業向けに、

「商品企画基礎講座」なるものがありますので、ご紹介します。

 

これは、

東京都立産業技術研究センターが開催するもので、、

売れる商品を開発するために必要なマーケティング、開発戦略、企画、工業デザインプロセスなどを実践的な手法を学べるものです。

 

新たな戦略的デザイン経営を試みる中小企業の方は、

企業自身が自社開発(=ものづくり)を進めるための技法を身に着けるためにも、一考かと思われます。

 

尚、

申し込み等も既に定員になっている可能性もありますので、

詳細は、↓をご覧になっていただき、お問い合わせ下さい。
 http://www.iri-tokyo.jp/jinzai/jissen/24_kikaku_bosyu.html

最近の原油価格動向

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

同じ「コモディティ」でも、

ここのところ、「金」価格や「プラチナ」価格が強含んでいるのに対し、
「原油」価格は、軟調な地合いが続いています。
 
5月のWTI先物の下げ幅は、約18%と3年5ヶ月ぶりの大きさとなり、
先日12日には約8ヶ月ぶりの安値をつけました。
 
これは、
欧州債務危機に伴う世界景気の減速懸念や、
それを発端にした中国など新興国の予想外の需要鈍化、
そして、目先での地政学リスクの後退
などのために、売りが優勢になっているものと思われます。
 
さて、そのような中、
筆者の当面の見解ですが、
①依然としてイラン問題がくすぶっていること
②OPECが事実上の減産合意したこと
③サウジアラビアが一時的に減産する可能性があること
④先進国を中心に各国が金融緩和に動きそうなこと
などをポイントとして、
状況によっては、再びマネーが流入し、相場反転の可能性があると考えています。
 
詳しくは、↓ も参考にして頂ければ幸いです。
 
ページの先頭へもどる