ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

平均寿命と平均余命

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

本日はFP的話題ですが、一昨日の31日、

厚生労働省は、2010年の日本人の平均寿命について、

女性が86・3歳、

男性が79・55歳になったと発表しました。

 

これは、

5年に1度の国勢調査に基づく「完全生命表」によるもので、

毎年発表している「簡易生命表」の確定版にあたります。

 

2005年の前回と比べると、女性は0・78歳、男性は0・99歳延びました。

 

では、たまに聞かれますが、

「平均寿命」「平均余命」はどう違うのか?についてですが・・

 

「平均寿命」は、生まれたばかりの人がこれから何年生きていられるか?という年月の平均値です。

これに対して、「平均余命」は、今まで何年か生きてきた人が更に何年生きられるか?という年月の平均値になります。

 

「平均余命」は各年齢ごとに、後何年位生きられるかが示されており、

例えば、厚生労働省ホームページの平成22年、主な年齢の平均余命によれば、

現在60歳の男性であれば、22,84年とありますので、

60歳+22,84で、82~83歳くらいまで、平均的に生きられるということになります。

 

つまり、今回発表の男性の平均寿命79,55歳よりも、平均余命の方が長くなると言う訳です。

 

いずれにしても、「長い老後」・・

我々ファイナンシャルプランナーも、
心してご相談に応じていきたいと思います。
ページの先頭へもどる