ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

老後の「生活資金」と「消費」

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

我々FPが、通常使う「人生の三大資金」とは何だと思われるでしょうか?

もちろん、実際には個人差があり、一概には言えませんが、

一般的には、「教育資金」、「住宅資金」、「老後の生活資金」と言ったところだと思います。

 

その中でも、「教育資金」と「住宅資金」は、個人差があり、関係ないという人もいるでしょうが、

「老後の生活資金」ばかりは、誰にでも関係あると言って良いでしょう。

 

そのような中、

「老後」に関するビジネスも急成長しているとのニュースがありました。

 

例えば、

昨年10月に制度が始まった「サービス付き高齢者向け住宅」には新規参入が相次いでいるとのこと。

緊急時に常駐の管理員を呼び出せるなど生活支援サービスを提供する賃貸住宅で、

補助金や税制などの優遇措置が設けられています。

この程、積水ハウスは東京都北区の旧古河庭園近くに同住宅62戸を建設し、

約35平方メートルの1Kの場合、家賃が月13万円、管理費約1万2千円、生活支援サービス費1人2万1千円、

といった料金設定だそうです。

 

また、葬儀業界最大手の公益社を傘下に置く燦ホールディングス(HD)は、

市民グループの会合や老人ホームなどで「生前準備」についてのセミナーを開催し、

遺族からの法事などに関する相談に乗るサポート体制を構築しているそうです。

今や、葬儀や仏壇・仏具、墓石などを含めた葬儀関連ビジネスの市場規模は約1兆8千億円とのことです。

 

もはや、65歳以上の高齢者1人を支える15~64歳の現役世代は、

昭和35年の11・2人から平成22年は2・8人にまで減っています。

 

正に、大高齢化社会大相続時代到来と言ったところでしょうか?

*「大相続時代」に関しては、以前の記事をご参考まで⇒ http://humane-c.co.jp/2012/02/0219.html

 

筆者は、これからの日本経済活性化のための1つのキーワードが、

100兆円ともいわれる、この高齢者の消費にかかっているのではと考えています。

 

ただし、そのためには、

高齢者が安心して「消費」出来る社会のための

インフラやセーフティネットの確立、

サービスや商品開発の充実が必要な事は言うまでもありませんが・・

ページの先頭へもどる