ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

ネット系生保と大手生保の違い

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

先日、某生命保険会社の社員向け研修を行って参りました。

その中でも、「いかにネット系生保と住み分け、差別化を図っていくか?

について触れさせて頂きました。

 

ところで以前に、

ライフネット生命保険上場、ネット系生保の今後は?

 http://humane-c.co.jp/2012/03/0316.html

 

 

ネット生保の今後

http://humane-c.co.jp/2012/04/0407.html

 

と言った記事を書きましたが、

その節は、色々と反響を頂き、ありがとうございました!

 

その後も、「ネット生保」の好調が伝えられています。

 

3月15日に東証マザーズに上場し、

ネット専業生保として初の株式公開を果たしたライフネット生命保険では、

3月末時点の保有契約件数が11万8千件になり、前年同期と比べてほぼ倍増で、

4月16日には12万件を突破したとのことです。

 

店舗や営業担当者を抱えず、

大手生保の半分程度の保険料や商品設計の分かりやすさが受け入れられ、

20~30代を中心に契約数を伸ばしている模様です。

 

それでも、生保業界全体からみれば、契約シェアはまだ0・1%程度ということですから、

マーケットとしては、まだ大きな可能性を秘めていると言うことでしょうか?

 

では、既存の大手とネット生保の違いは何でしょうか?

 

筆者的に、一般的な違いを考えてみました。

①営業

  大手:代理店や所属営業マンの訪問中心

  ネット:直販中心

②広告関係

  大手:テレビCM・ラジオ、新聞広告中心

  ネット:インターネット広告中心

③契約

  大手:営業マンが訪問、面談中心

  ネット:基本的に契約者が自分で入力

④健康診断

  大手:告知または、医者の診査中心

  ネット:基本的に契約者が自分で入力

⑤パンフレット・約款など

  大手:大量の紙媒体

  ネット:ダウンロード中心

 

などと言ったところでしょうか?

 

そして、重要なことは

このような違いに対して、どちらが良いか悪いかではなく、

ユーザーから見て、コストに見合う満足度があるかどうか?だと考えています。

 

それがあれば、

お互いの強みを発揮して「住み分け」て行けると思うのですが・・

ページの先頭へもどる