ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

『ディズニーランドで結婚式』に関するFP的見解

平素はお世話になります。

中小企業の経営資源応援企業、関東経済産業局認定 経営革新等支援機関

ヒューマネコンサルティング株式会社です。

各種補助金申請、創業、経営計画策定、社員教育、営業力向上はお任せください。

 

今年の9月から、

東京ディズニーランドのシンデレラ城で結婚式を挙げられる、

「ディズニー・ロイヤルドリーム・ウェディング」プログラムなるものがスタートするそうです。

4月8日から予約を受け付け、申し込み多数の場合は抽選とのこと。

 

園内でのウェディングは、1983年の開園以来初めてで、

シンデレラ城のアトラクション「シンデレラのフェアリーテイル・ホール」内にある

「グランドボールルーム」を会場に、1日1組で結婚式ができるとのこと。

 

このプログラムには、東京ディズニーランドホテルの宴会場

「シンデレラドリーム」での披露宴やオリジナルウェディングケーキなどが含まれ、

ミッキーマウスやミニーマウスなどのディズニーキャラも会場を訪れるとのこと。

 

また結婚1周年記念に東京ディズニーランドホテルの宿泊(1泊分)がもらえるなどの特典もあるそうです。

 

そして、気になるお値段ですが・・

料金は50人で750万円、1人追加ごとに4万5000円とのことです。

 

この価格は高いのでしょうか?安いのでしょうか?・・

 

さて、筆者が、新人や若年社員向けの研修を行う際、

「人生の三大支出」について彼等、彼女らに聞くことがあります。

その場合、多くの人が「結婚費用」と答えます。

確かに若い人達にとって、これから控える「結婚」と言うイベントには、

とてつもなく多額の費用がかかると考えている人が多いと言うことの表れだと思います。

 

ちなみに、「人生の3大支出」に関しては、以前にも書いていますので、

以下ご参考にして頂ければと思います。

 http://humane-c.co.jp/2012/02/0215.html

 

金融広報中央委員会の「暮らしと金融なんでもデータ」によりますと、

2009年の調査で、首都圏の結納・婚約から新婚旅行までにかかった費用の平均額は、
仲人へのお礼、
結納・会場費、
両家の顔合わせ・会場費、
婚約記念品、
結婚指輪( 2 人分)、
挙式・披露宴・披露パーティー総額、
新婚旅行、
新婚旅行土産

まで入れて約450万円となっています。

 

しかし、実際には結婚するということは、新婚旅行に行って終わりではありません。

むしろ、そこからスタートしますので、

最低限の新生活準備のための費用も考慮する必要があると思います。

 

そこで、同じく「暮らしと金融なんでもデータ」によりますと、

2008年調査の平均で、

家具・インテリア・寝具の購入、
家電製品の購入、
嫁入り道具としての着物の購入、
賃貸費用、敷金・礼金
引越し費用

などをあわせて、約113万円となっています。

 

つまり、結納・婚約から新婚旅行プラス、新生活準備のための費用で、

平均的には約563万円かかるということになります。

 

確かにこの金額だけ聞くと、

若い人達が「結婚はお金がかかる!」と直ちに答えるのもやむを得ないと思います。

 

しかし、少し待ってください。

もちろん、ご家庭や、地域その他によって一概には言えませんが、

結婚の場合には、

「親の援助」と「ご祝儀」という「収入」が見込めるケースがあります。

 

同じく、「暮らしと金融なんでもデータ」2009年調査結果によりますと、

結婚資金・新生活準備費用の親・親族からの援助(首都圏)について、

親・親族からの援助があった人は、

結婚費用で78%
新生活準備費用で63%となっています。

 

さらにその平均援助額ですが、

( 結納、挙式、披露宴・披露パーティ、二次会、新婚旅行などあわせて)結婚費用で約204万円、
(インテリア・家具、家電製品、新居の購入・賃貸費用などの)新生活準備費用で約250万円となっています。

 

また、同じく、

2009年の調査結果で、披露宴・披露パーティーのご祝儀額総額(首都圏)は、

約222万円となっています。

 

もちろん、実際には、

これらの「援助」や「ご祝儀」といった収入見込みを単純に足し算することは出来ませんし、

先述もしましたが個人差、家庭や地域によって大きく違ってくることには注意が必要です。

 

しかし、いずれにしても、

若い人達が「お金がかかるので、結婚しない」と思い込んでいるならば、

昨今の「挙式・披露宴をしない“なし婚”」と言う選択肢も含め、

場合によってはそんなにかからないし、

また、お金をかけるか、かけないか? そのかけた金額を高いと感じるか、安いと感じるか?は、

結局のところ、当人やご家族の「思い」や「価値観」によって違う、

と解説するのも我々FPの役目かもしれないと考えています。

 

それにしても、

ディズニーランド内での750万円の結婚式に、

是非、お招き頂き、参列してみたい!!と思うのは私だけでしょうか?・・

ページの先頭へもどる