ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

起業のご相談

 平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

先日、現在サラリーマンの方から「起業」に関する相談依頼がありました。

その内容はざっくり言って、「起業したいが、 資金調達方法とこれから儲かりそうなビジネスを教えてほしい」といったものでした。

 

資金調達方法については、

以下のようなものが考えられますが・・

 

①自己資金
 自己資金は資金調達の中で一番基本だと思います。
 当面の生活のことを考えて余裕を持ちたいところです。


②家族・友人等からの借り入れ
 
リスクを考えれば賢明な選択肢かとも思いますが、

  甘えにもつながったり、返済が滞って関係性が悪くなると言う話はよくあります。


③投資家等(エンジェル)
 創業時に資金をはじめ精神的支えなどの支援をしてくれる人をエンジェル(天使のような人)と言います。
 起業家支援の各種団体による資金調達と言う方法もありますが、
 その際にはエンジェルを納得させるだけの、魅力のある創業計画等が大切だと思います。


④制度融資
 国や地方自治体が中小企業に対する融資制度として設けているものの総称です。
 
⑤政府系金融機関
  日本政策投資銀行、日本政策金融公庫、住宅金融支援機構、商工組合信用金庫などがあります。

  創業時の融資に対応してくれる場合があります。
 

⑥民間金融機関
 現実的には、これから創業しようという方は、
 地元に密着した信用金庫や信用組合に口座を開くところから始める方が多いようです。。


⑦出資
 法人を設立する場合には[出資]してもらう方法が、元金の返済がないという点では有効ですが、

  基本的に出資する側は早期の配当を期待していることに注意が必要です。


⑧その他
 起業家のコンテスト、私募債、リースなどが考えられます。

 また、国や地方自治体では、創業者に対して独自の補助金制度を行っている場合もありますので、

 地域の通商産業局や県庁や市役所等の産業振興局等へ確認してみる価値はあると思われます。

 

と言ったように、資金調達等のアドバイスは出来るのですが・・

今回の方は、

その前提とも言える、「何がやりたいか」が定まっておらず、

ただ「これから儲かりそうなビジネス」を教えてもらい起業したいとのことでした。

 

そこで申上げたのは、

「何の為にビジネスを起こすのか?」

いわゆる、「経営理念」
 
「経営」を継続していく場合、常に「安定」と「好調」な状況が続くと言うことはありません。
やはり、この部分がしっかりしていないために、
「不安定」」や「不調」な時に、乗り越えられないケースを多く見て来ました。
 
よって、今回のケースは、
これらの「コンセプチャル」なテーマをしっかりと定めてたうえで、
資金調達などの「テクニカル的」な課題をクリアしていくと言う順番がベストと思いました。
 
その旨をご理解頂き、
慌てず、ゆっくりと考えて行くことになりました。
 
今後も、
日本の「空洞化回避」のためにも、
「イノベーション」創出のためにも、起業・創業のご支援を続けていく所存です。
ページの先頭へもどる