ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

忍び寄るインフレ?

平素はお世話になります。

中小企業の経営顧問、ビジネスコーチ、ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

最近、生鮮野菜の値段が上がっているようです。

東京都中央卸売市場によりますと、

価格は平年に比べ白菜が1・8倍、

ホウレンソウが1・7倍、

キュウリが1・4倍

その他大根やキャベツ、レタスなども値上がりが目立つとのことです。

 

その理由として考えられるのは、

① 厳しい寒さで野菜の生育が遅れ、供給不足が長引いている(1月中旬の東京の平均気温は4・9度で、平年より1・1度も低かった)

② 首都圏の降雪などで輸送網が乱れた影響

などのようです。

 

「デフレ」下と言われるような日本においては、

このような「物価上昇」について違和感を覚えるかもしれませんが、

当面、「供給量の増加がみられるまで高値が続く」との見通しのようです。

 

勿論、今回の「コモディティ」価格上昇は天候要因によるもので、いずれは解消されるかとは思います。

しかしながら、

いずれ忍び寄ってくるかもしれない、様々な要因による「インフレリスク」について、

備えておく必要はあると考えています。

 

ページの先頭へもどる