ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

育休取得と権限委譲でワークライフバランス実現!

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

さて、昨日2月4日の日本経済新聞の記事を読んだ方も多いと思いますが、

興味深い記事でしたので、ご紹介致します。

 

『育休取得し権限も委譲』

人こと  サイボウズ 青野社長

 

「週4日勤務を実践する。」

 サイボウズの青野慶久社長は3日、育児休暇をとる意向を明らかにした。

 

期間は3月中旬から8月末まで。

毎週水曜日と週末は昨年末に誕生した第2子と、間もなく2歳になる長男の育児に充てる計画だ。

 

長男誕生時には2週間の育休をとったが、

「週1回の休みを一定期間続けた方が、仕事への支障が少ない」と考えたという。

 

育休を機に仕事の進め方も見直す。

 

「つい何でも自分でやってしまう」仕事人間だが、人材育成のためにも

一部業務は他の役員に権限を移す計画だ。

 

「仕事は大事だが、育児はもっと大事」との持論を展開し、「働く男性にもっと育休をとってほしい」と期待していた。

 

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201006/4.html

 

 

上記のHPの政府広報によりますと、

男性の約3割は育児休業を取得したいという希望を持っていますが、実際の取得率は1.23%にとどまっているそうです。

 

青野社長のような考え方の企業トップが今後どんどん増えてくれば上記の数字も変わってくると思われます...。

 

筆者としても、ワークライフバランス実現支援のNPO

 

http://work-life-supporter.org/

 

代表理事として、

とても気になる記事でありました。

 

 

 

ページの先頭へもどる