ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

米 雇用統計発表結果

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

本日は、池袋で

~恒例!激動する経済情勢を整理する~『2012年経済大展望』
と題してお話させて頂きます。
 
さて、その中でも話題になると思うのですが、
昨日発表された米労働省発表の1月の雇用統計に関してです。
 
非農業部門雇用者数が24万3000人増と、市場コンセンサスの15万人増を上回り、9カ月ぶりの高い伸びとなりました。

また、失業率は8.3%と前月の8.5%から改善し、2009年2月以来、約3年ぶりの低水準となりました。

失業率の低下は5カ月連続で、昨年8月以降、0.8%ポイント低下となります。
当面は、今回の雇用統計によって、量的緩和第3弾(QE3)実施や緩和強化の観測は後退するものと思われます。

しかし、このような失業率低下発表の一方で、

職探しをあきらめ労働市場から退出する人々も大幅に増えており、

非労働力人口は前月比で117万7000人に急増(4か月連続)しています。

 

個人的には、

「雇用市場が正常に機能していると言えるようになるのはまだ先」のことと思われ、

今後の焦点として、

「給与税減税、失業手当支給の延長を議会が承認するかどうか?!」

そのための「財源をどうするか?」

ということで一悶着、二悶着あるような気がしております。

ページの先頭へもどる