ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

「投資信託」失速?

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

昨日、冬のボーナスの使い道の話を書きましたが、

では、資産運用の一手法である「投資信託」はどうでしょうか?

 

このほど、投資信託協会が発表した2011年11月の「投資信託概況」によりますと、

株式投信」の投資家の新規購入額は1兆4032億円(前月比542億円増)の一方、

解約額は1兆6585億円(同2250億円増)、償還額は184億 円でした。
この結果、新規購入額から解約・償還を差し引いた資金流出入額は2737億円の流出超になり、

10月の997億円に続く2カ月連続の流出超となりました。

1カ月の資金流出額としては、リーマン・ショック直後の2008年10月の3627億円以来となる高水準となった模様です。

 

この流出超の要因として、
〇欧州債務危機の影響などで投信を構成する株式の価格低迷

〇比較的安定をのぞめる債券型やその他への資金シフト

〇様子見ムードで新規購入額が減っている

〇パフォーマンス悪化を嫌気した投資家の解約増加

〇「通貨選択型」と呼ばれる比較的リスクの高い投信について、規制を強化する動き

などが考えられると思います。

今年の株式投信は東日本大震災直後の4月に766億円の流出超となったものの5月に9208億円、6月に7295億円の流入となっていました。

しかし夏場以降の世界連鎖株安により、9月に資金流入額が前月比95% 減の369億円に急減した後、

既述のように10、11月の2カ月連続資金流出となりました。

 

とはいえ、まだ短期間での傾向故に、本当に「失速」なのか?

世界的な金融緩和、カネ余り状況という背景の裏で、今後のマーケット動向によってはその流れも大きく変わってくると思います。

 

来春、某メーカー様のSE向けに「金融機関の最新状況とビジネスモデル」等について、

講義させて頂く関係からも、注意深く、見守りたいと思います。

« お知らせトップに戻る
ページの先頭へもどる