ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

研修業者として、ファイナンシャルプランナーとして

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

昨日9日、日銀の西村清彦副総裁は講演の中で、

欧州債務問題などの環境不透明のなか、

金融機関が「複雑な金融商品の組成・販売を通じて、極めて高い収益を目指す金融ビジネスモデルの持続性が疑問視されている」と指摘しました。

金融機関が「投資銀行モデル」から伝統的な「商業銀行モデル」に原点回帰するなかで、

収益や資金調達の源泉として「リテール(個人・中小企業向け)ビジネスの強化に向け、創意工夫にしのぎを削る」と予測し、

「金融機関『超』選別時代になっている」と述べました。

 

また、個人向けサービスでは、顧客分析を通じて付加価値の高いサービスを提供することで、

米国と比べ低い預金関連業務の収益性を引き上げられると提案もしています。

例えば金融機関の個人向けサービスの拡充戦略として、

「インターネットバンキングなどが語られることが多い」が、

高齢化が進む日本の人口構成に「十分マッチしたものと言えるかどうか、十分な点検が必要」と述べ、

振り込め詐欺を防止するため本人確認など防犯機能を組み合わせた預金サービスなども紹介しました。

 

弊社としましては、前半の金融機関に関する部分は、金融機関向けの研修業務を行う身として、

また、後半の個人向けサービスの部分は、独立系ファイナンシャルプランニング業務を行う身として、

参考にさせて頂きたいと思います。

ページの先頭へもどる