ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

新しい経営戦略・商品戦略の必要性

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

昨日8日、ゼンショーホールディングスの「すき家」、

松屋フーズの「松屋」、

吉野家ホールディングスの「吉野家」の主要牛丼チェーン3社の11月の月次売上高が出そろいました。


結果ですが、11月は3社とも牛丼値引きキャンペーンで競争しましたが、3社とも前年割れとなったようです。


今年はこれまで、各社値引きをきっかけとして、1月にすき家が14.1%増、松屋13.5%増、吉野家5.4%増と大幅な前年同期比増を達成しましたし、

5月の値引きキャンペーンでも、すき家4.8%増、松屋6.1%増、吉野家1.4%増と、それなりに効果を出していたように思います。


しかし、吉野家HDが8日発表した11月の月次売上高は前年同月比6.4%減で、10月の10.3%減より落ち込み幅を縮めたものの4カ月連続の前年割れとなりました。

また、ゼンショーHDが発表しているすき家の11月売上高も、前月より0.2ポイント落として1.3%減で3カ月連続のマイナス、松屋も10月より3.9ポイント落として4.5%減となりました。

各社11月の不振には、もちろん天候不順などの理由もあったとは思います。


しかしながら個人的には、落ち込みの理由として、「度重なる値引きで、消費者側からのサプライズ感が薄れてきた可能性」があると考えています。

2009年末から本格化した牛丼業界の値引きキャンペーンですが、すき家、松屋は今年すでに7回を数え、すき家は今月も実施することを決めるなど割引価格が「常態化」しつつあると思います。

そしてこの「状態化」こそ、消費者側からすれば、「ノーサプライズ」で、「当たり前」と言うことになり、そこに少しでも不満足要因が生まれた場合、もはやリピータ―にはならないと思います。


やはり、これからの経営戦略・商品戦略として、「安い」と言うことは、もちろん魅力ですが、それ以上の目新しい「軸」を打ち出す必要性が叫ばれているのではないでしょうか?

「あるじゃん」休刊について

 

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

昨日、少し寂しいような、

また新たな期待感も湧いてくるようなニュースがありました。


筆者もファイナンシャルプランナーとして、度々執筆をしていましたマネー雑誌、

『あるじゃん』の休刊が、株式会社オールアバウトより発表されました。

当雑誌は、1995年創刊以来、主にマネービギナーを中心としたカスタマーへの金融情報を提供して来ましたが、この度、2012年3月号(1月21日発売号)および2011年1月27日発行の臨時増刊あるじゃん保険完全ガイドをもって、休刊とするとのことです。


現在発売中の12年1月号にも、恐縮ながら筆者「人気FP12人」の1人として、掲載されております。

http://ameblo.jp/humane-c/entry-11091037750.html


そのような訳で、若干寂しい感じも致しますが、やはり時代の流れと言うことでしょうか?


今後は、インターネット版「あるじゃん」を中心とした事業展開を行っていく事になったそうです。


「あるじゃん」の新しい形の出発に対し、今後も応援と期待をしたいと思います。


そして、何と言っても、形はどうであれ、

今後も、ファイナンシャルプランナーとして、昨今の混沌とした経済情勢下、

多くのユーザー様・カスタマー様のニーズや疑問・不安解決に対して、携わって行く所存に変わりはありませんので、宜しくお願い致します。

ページの先頭へもどる