ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

埼玉中小企業家同友会に入会しました。

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

以前から、同友会関係とは様々な形で関係はあったのですが、
入会しても例会等への参加がなかなか難しく、かえってご迷惑をおかけしてもいけないとの理由から、入会は躊躇っていました。
 
しかし、今回も色々御縁ありまして、何かとご迷惑おかけするかもしれませんが、入会させて頂くことになりました。
 
弊社の社是でもあります、
「日本再生・経済活性化のためには約412万社の中小企業が元気になること」に基づいて、
社員と共に育つ社風づくり、地域づくりなどについて、今一度勉強させて頂きたいと思います。
 
先述の通り、仕事柄地方なども多く、なかなか例会等への参加が難しい場合もありますが、宜しくお願い致します。

12月18日ワークライフバランスのイベントに「コバトン」が来...

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

来る12月18日(日)に、私が代表理事を務めますワーク・ライフ・バランス支援のNPO法人「わぁくらいふさぽーたー」が以下のようなイベントを行います。

なぜワークライフバランスは必要か?誰のために必要か?などといったテーマについて掘り下げ、一緒に考える機会になればと思っています。

 

そして昨日、その事前ミーティングが、ありましたので出席して参りました。

参加した皆様、大変お疲れ様でした。

 

昨日のミーティングで、イベントについての詳細打ち合わせなど行いましたが、

今回のイベントは、埼玉県男女共同参画推進センター様との共催と言うこともあり、

当日には、埼玉県のマスコット「コバトン」が来てくれることになりました。

皆さん、コバトン伝説をご存知でしょうか?

今や、埼玉県にとどまらず、活躍の舞台は全国へ、海外へ、地球を飛び越えてと、あちこちで活躍するコバトン。
その「伝説」ぶりが埼玉県のホームページに載っていますので、ご参考まで。
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/kobaton/legend.html

 

尚、イベントの詳細は以下になります。

 

第一部 演題「ワーク・ライフ・バランスはなぜ必要か?」

 (株)ワーク・ライフ・バランス社 小室淑恵氏の基調講演

 

第2部 テーマ「それぞれの立場からのワーク・ライフ・バランスを考える」

 さいたま市長の 清水勇人氏

 大宮アルディージャ トータルアドバイザーの 清雲栄純氏

 チェスター司法書士事務所 代表司法書士の 三浦美樹氏

 私、の4人でパネルディスカッション

 

時間 12時30分~ 受付開始

    13時~    第一部講演

    14時15分~ 第二部パネルディスカッション

    15時30分  終了予定

場所  With Youさいたま(男女共同参画推進センター)

    さいたま市中央区新都心2-2

資料代 1000円

尚、詳細・お申し込みは以下アドレスにてチラシをダウンロード後、「FAX」にてお願い致します。

http://work-life-supporter.org/

 

 

 

 

 

世界経済、今後のシナリオ?

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

昨日、「当面のマーケットの焦点」について書きましたが、

その後、ギリシャでは、パパンドレウ内閣に対する信任投票で、内閣は信任されました。

これによって、パパンドレウ内閣が総辞職を迫られる事態は回避され、政治的空白が生まれる事態は、ひとまず回避される形となりました。

しかし、与野党の対立は今だ、続いており、楽観を許さない状況だと思います。


楽観できない理由として、

パパンドレウ首相は、ヨーロッパ連合がまとめた信用不安への包括的な対策の受け入れを巡って、野党の合意が得られるなら国民投票を行う必要はないという考えを示したわけですが、

最大野党である新民主主義党のサマラス党首が、合意・連立政権樹立の条件として、「首相の辞任」をあげているからです。

つまり、今後は「パパンドレウ首相が辞任し、連立が組めるか?」と言ったあたりが焦点となってくると思いますが、

いずれも不透明なため、楽観視できない状況が続くと考えています。

 

当面のマーケット的に悪いシナリオイメージは、

連立難航 ⇒ 政局混迷 ⇒ EUからの支援の見返りである財政再建策が実行できない ⇒ 支援を受けられない ⇒ 12月中旬からの国債償還においてデフォルトの可能性 ⇒ その他南欧諸国への飛び火 ⇒ 世界経済大混乱

と言ったところではないでしょうか?

このような流れがどこで止まるのか? あるいはこのイメージの様になってしまうのか?・・

 

岐路はいくつもあると思いますが、いずれにしても緊張と注目の日が続きます。

 

マーケットの焦点とビジネス&マネーセミナーのお知らせ

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

日本時間昨夜、発表になった10月の米雇用統計は、失業率が市場の横ばい予想に反し、前月の9.1%から9.0%に低下となりました。

反面、非農業部門就業者数が前月比8万人増と、増加幅は市場予想(時事通信調べ)の9万人を下回るなど、まちまちな内容となりました。

この結果をFRBがどう見るのか? 今後どのような金融政策をとるのか? 

来週9日のバーナンキ議長の講演もポイントになってくると思います。

 

その他にも、来週のマーケットには様々な焦点があり、それによっては大きく動くことも予想されます。

よって、それらの主な焦点について簡単にまとめてみました。


① ギリシャパパンドレウ内閣に対する信任投票が「不信任」 ⇒ 退陣 ⇒ 

  ⇒ 救済受け入れを問う国民投票実施されない可能性大 ⇒ その後の政治的空白や混乱の可能性

② ギリシャパパンドレウ内閣に対する信任投票「信任」 ⇒

  ⇒ 国民投票実施の可能性 ⇒ ギリシャのデフォルト可能性浮上

③ 8日、トヨタ等の主要企業の決算発表

④ 9日、中国では10月のCPI(消費者物価指数)発表

⑤ 9日、米国ではバーナンキFRB議長の講演 

など

 

①と②では、①の可能性が高いと思いますが、 仮にそうなったとしても、その後の政治的空白や混乱の可能性など、いずれにしても緊張感が続くと思います。


そのような、注目度の高い焦点が目白押しの中、

近日中に予定されている、11月12日と15日のビジネス&マネーセミナーのお知らせを致します。

詳細は下記をご覧になって下さい。

http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.cgi?ID=2942

 

http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.cgi?ID=2943

 

 

 

「面白い」社員研修

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

さて、ニュースで見ましたが、自動車やバイクの中古部品販売会社アップガレージは、社員研修に漫才を導入しているとのことです。

 

弊社も企業研修を受け持つ身。

興味深く読ませて頂きました。

 

漫才から得られる「笑い」には、 和み、癒し、安心させる、一緒にいて楽しいなどといった力があり、そのような[場を明るく楽しいものにできる]というスキルは、ビジネスにおいても重要なことだと思います。

同社は入社数年目の若手社員がコンビを組み、自分たちでネタを考え、講師として招いた放送作家に、ネタの基本的な作り方や笑いをとるためのコツを教えてもらいながら完成を目指すそうです。

そして、できあがったネタは、研修の最後に社員の前で披露され、その中から社長が選んだ上位3組は、来春の入社式に“出場”し、グランプリが選ばれるとのこと。

放送作家が講師とは本格的ですし、なかなかユニークで、正に「面白い」研修だと思いました。

先述の和み、癒し、安心させる、一緒にいて楽しいなどといったスキルは、正に、コミュニケーションを創造する上で、必要不可欠とも言えるもので、それらをこのような形式の研修で体得してもらうと言うことはそれなりに効果的だと思います。

 

そんな訳?で私もお笑いのセンスを磨くべく、

明日、越谷市商工会会員大会、ふれあい寄席(林家木久扇、コージー富田、Wコロン等出演)を見に行って参ります。

 

ページの先頭へもどる