ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

P I G S 問題

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

さて、明日19日は、大阪にて経済セミナーを行います。

その中でも若干は触れたいと思いますが、俗にいう『PIGS問題』。

P ポルトガル

I アイルランド イタリア

G ギリシャ 

S スペイン

等の、一般的に金融や財政に何らかの問題があると考えられている国々の頭文字をとって使われますが、

「予断許さず」、「対岸の火事とも思えない」ことから、

ここのところ、このブログでも何回か取り上げ、ギリシャやイタリアについても書きましたが、

本日の朝刊ではスペインの記事が目立っています。

 

スペイン政府が17日実施した10年物国債の入札には買い手が十分に集まらず、

応札倍率は1・54倍と低調で、10月の1・76倍を下回り、落札利回りは年6・975%となりました。

これは、ユーロ導入後で最も高く、1997年以来14年ぶりの高水準(価格は低水準)で、

国の資金調達が難しくなる危険水域とされる年7%台に迫りました。

また、それを受けて、既発のスペイン国債利回りは一時、年6・8%台に上昇(価格は下落)し、

先日のユーロ圏第3位のイタリアに続いて、第4位のスペインにも財政危機が波及する可能性が示唆された形となりました。

 

もともとスペインは不動産バブル崩壊の影響が大きいなどとは言われていましたが、

財政赤字が国内総生産比で9・3%に達し、ユーロ圏17か国の平均(6・2%)より財政状況は悪いと言えます。

さらに、失業率は22・6%とユーロ圏で最も高く、

25歳未満の失業率はなんと48・0%程度にも達しているとのことですから驚くばかりです。

 

おそらく、スペインでは20日の総選挙で政権交代となるものと思います。

仮にスペインで首相交代となりますと、

PIGS諸国では、6月のポルトガルに続き、ギリシャ、イタリア、スペインと全て首相が交代することにもなります。

 

今年、年初の経済セミナーなどでも、

「GDP規模では小国のギリシャ問題が、イタリアやスペインへ波及していくと、問題は大きく、長期化するので要注意!」と

申し上げて来ましたが、その懸念が現実化しています。

 

わぁくらいふさぽーたーのホームページ、オープンしました!

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

昨日は、丸1日、某企業様の社員研修を行って来ました。

 

さて、私が代表理事を務めるワーク・ライフ・バランス支援のNPO法人、

「わぁくらいふさぽーたー」のホームページがリニューアル正式オープンしました。

一度ご覧になって頂けたらと思います。

http://work-life-supporter.org/

今後とも宜しくお願い致します。

企業の価格戦略

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

昨日は、浦和で2つのセミナー行い、計5時間程、立ちっぱなし、話しっぱなしでした。

御参加頂いた大勢の皆様。本当に有難うございました。

特に後半のセミナーは夜7時からの開催にも関わらず約200名もお集まりいただき、重ねて御礼申し上げます。

 

さて、そのセミナーでも触れましたので、いらっしゃった方は聞いたかと思いますが、

「ミヤタサイクルが40万円以上の自転車を開発販売し、それなりにニーズがある」とのニュースに対し、

「消費志向が二極化している」と言ったお話をさせてもらいました。

 

また、13日のブログでも「所得二極化を映し、時計や絵画などの高額商品が売れている」

と言う記事を掲載しました。

 

そして、その「二極化」と言ったそばから、今度はファミリーレストランのガストが、

サンクスフェアと題して、普段366~523円で提供されている5種類のキッズプレートを

39円まで値下げするとの報道です。

この破格の値下げが続くサンクスフェアの狙いは、

赤痢騒動で遠のいた家族連れの顧客層を店に呼び戻すことにあると思われますが、
やはり、「ファミリーレストラン」と言う名の通り、

「家族連れの顧客が遠のくは避けたい」との思いから、これだけのサプライズ価格となったのでしょう。

 

まさに、高価格品と超低価格品の売れ行きが混在するという現象。

これは中小企業のみならず、企業のマーケティングおよび「価格戦略」において非常に重要な論点だと思います。

 

いずれにしても、中途半端な感じがする品質、価格はあまり受け入れられない時代かもしれません。

オリンパス問題、その後

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

本日は、浦和でキャリア支援セミナーを行った後、

そのまま夕方7時から同じ浦和でビジネス―&マネーセミナーと題して経済講演会を行います。

約5時間、立ちっぱなしになりますので、腰痛対策(笑)しておきたいと思います。

 

さて、マネーセミナーでは時間の関係等で触れられないと思いますが、

その後のオリンパス問題で、

独断経営手法を理由に、就任半年ほどで社長の座を解任されたマイケル・ウッドフォード氏に復帰を望む声が目立って来たとのこと。

インターネット上での署名運動に賛同者が急増しているようです。

本人のウッドフォード氏も「株主が望むなら」と社長復帰に意欲を示す反面、

現社長は「ウッドフォード氏の処遇に変更の予定はない」としており、今後どうなりますか?

 

オリンパス株も昨日14日は、上場をめぐる思惑から目先のマネーゲーム的な買いが集まり、

11営業ぶりに反発(ストップ高)で取引を終えています。

 

いずれにしましても、「今のところ」今回の問題は、オリンパス個別の問題と捉えられ

マーケット全体への影響は軽微だったと言えるでしょう。

 

しかしながら、今回の企業統治、コンプライアンスの問題は、日本株式市場全体への影響を考えると、今後も予断を許さない状況が続くと思います。

 

加えて、またイタリア国債が売られ、円も高くなってきています。

 

緊張の日々は続きます。

中小企業とソーシャルメディア

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

昨日は、筆者が所属する中小零細企業研究会において、ソーシャルメディアの勉強会に出席して来ました。

今後の中小企業の戦略のひとつに「ソーシャルメディアとどう付き合っていくか?」、「どのように活用するか?があると思いますが、これらについて、レクチャーを受け、次回の研究会までに各自の課題を設定しました。

やはり、参加して思ったのは、そもそも「ソーシャルメディア」の定義づけも広範囲に及び難しいのですが、

手軽に導入できる反面、ツールとして活用するためにはそれなりに勉強と戦略が必要だということです。

むやみに導入しました⇒いきなり売り上げが伸びました。などということは到底考えられないということです。

 一般的には、SNS,ブログ、ツィッター、フェイスブックなどのインターネットを利用したコミュニケーションサービスといった解釈なのでしょうが、

全体として、どのように活用し位置づけるかというまさに「戦略」があって、初めて生きてくるものだと思いました。

 

弊社の社是でもあります、中小企業活性化の一手法として、今後も研究を重ねたいと思います。

参加された皆様、講師の岩波さん、大変お疲れ様でした。

 

 

ページの先頭へもどる