ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

企業の価格戦略

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

ここのブログでも、経営戦略の一環として「価格」について何度か書いてきました。

そして本日27日の朝刊に、「価格戦略」を考える場合にも、また「FP」としても気になる記事が載っていました。

 

『ネット保険 半額が出発点』

 

一般的に変化に乏しいと思われがちだった生保業界において、2008年に開業したライフネット生命のことが紹介されていました。

同社の場合、30歳男性が死亡保険金3000万円の契約に入る場合の保険料は月額3484円とのこと。

このような低価格路線で、過去3年余りで10万件弱の契約件数を獲得したとのことです。

 

現在のところ、同社のようなネット生保の契約件数ベースの市場シェアは1%未満ですが、この数字は上昇してくるものと思います。

また、ネット取引の場合、相談する担当者がいない訳ですから、正に我々FPの立ち位置も、より重要になってくるでしょう。

 

そして、その記事の中で私が最も注目したのは、

「最初に保険料を半分にする前提をたて、そこから事業モデルを組み立てる。」という同社社長の言葉です。

これは、保険業界のみならず、中小企業も含めて、価格戦略を立てる場合において重要な考え方だと思います。

 

「漠然と作り、漠然とコスト分と利益を乗せて売る、売れる」というのは、もはや厳しい時代です。

 

つまりは、低価格路線だけではなく、最近売れているという高額品、高付加価値品も含めて、

「いくらで売るか?」「いくらなら売れるか?」と言う事をしっかりと定め、

そこから逆算して、コスト削減、あるいは付加価値創造していく発想が求められている時代だと思います。

「本物」を目指せ

平素はお世話になります。

中小企業の経営顧問、ビジネスコーチ、ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

先日、札幌出張で、とある隠れ家のような、いい店にお連れ頂いたのですが、

そこで↓のような大変珍しいお刺身を頂きました。

 

新鮮なツブ貝、幻の魚「鮭児」、生の「シャコ」、そして「本物の」シシャモ。


どれも珍しく大変美味しかったのですが、中でも店主いわく「生のシャコ」を出すのは「北海道ではウチくらいのもの」とのこと。


そして、なんといってもめずらしかったのが、シシャモの刺身。

店主によると、「本物の」シシャモとは、北海道の太平洋沿岸で、限られた期間しか漁獲されない特定のものを言うそうです。

よく、小売店の店頭等に並べられて全国で市販されている「ししゃも」の約90%は輸入物だそうで、北極海などに分布している「カラフトししゃも」という学術的、生態的にはかなり違いのある魚だそうです。

また、「カラフトししゃも」のうろこは、とても小さくほとんどないように見えますが、「北海道産ししゃも」のうろこは大きくはっきりと認められるので識別できるそうです。


輸入量が国内漁獲高より圧倒的に多く、外観や食感が似ているので、それなりの味が安く味わえのは悪いことではないとは思いますが・・


ただし、「刺身」でさえ珍しいのに、「本物」のししゃもと言われれば、それだけで美味しく感じてしまうのは私だけでしょうか?


弊社も企業研修等あずかる身、自らは勿論のこと、

研修先企業様においてもより「本物」を目指して行かなければと感じました。


ご馳走様でした!


ちなみに↓は千歳空港の10店舗程が軒を連ねる「北海道ラーメン道場」の

函館あじさいの塩ラーメン、700円。

このあっさり感!これも絶品&本物だと思います。

 

日本国債の下落リスク その後とNY株式市場

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。 

 

25日朝のブログで、日本国債の下落リスクについて、危険と言う概念ではなく、「不確定要素」といった意味合いとして、想定しておく必要があると書きました。

http://ameblo.jp/humane-c/entry-11088536991.html

その後、25日の債券相場は大幅安(利回りは上昇)となりました。

件のIMFの話に加えて、米大手格付け会社が日本国債を格下げする可能性を示唆したことをきっかけに急落した24日相場の地合いを引き継ぎ、 長期金利は約1カ月ぶりの高水準を付けました。


やはり、日本国債よりも格付けが上のドイツ国債入札が不調なわけですから、

客観的に見て、(格付けを前提にするなら)日本国債が売られるということなのかもしれません・・

 

また、昨日25日のアメリカ株式市場は、S&P500種株価指数で7営業日続落、

NYダウで4日の続落となりました。

 これは、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズによるベルギー格下げや、ギリシャが同国債の民間投資家に対し、より大きな損失負担の受け入れを求めているとの一部報道などを嫌気したものと思われます。 

特にS&P500種は今月に入り7.6%安となっており、このままいけば11月としては2000年以降で、過去最大の下げになる可能性があります。 

そんな中、私の書籍を評価、アップして頂いていたブログがありました。 

有難うございました。

↓ 

http://ameblo.jp/oishi-office-bookshelf/entry-11079163180.html

 


ページの先頭へもどる