ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

「本物」を目指せ

平素はお世話になります。

中小企業の経営顧問、ビジネスコーチ、ヒューマネコンサルティング株式会社です。

 

先日、札幌出張で、とある隠れ家のような、いい店にお連れ頂いたのですが、

そこで↓のような大変珍しいお刺身を頂きました。

 

新鮮なツブ貝、幻の魚「鮭児」、生の「シャコ」、そして「本物の」シシャモ。


どれも珍しく大変美味しかったのですが、中でも店主いわく「生のシャコ」を出すのは「北海道ではウチくらいのもの」とのこと。


そして、なんといってもめずらしかったのが、シシャモの刺身。

店主によると、「本物の」シシャモとは、北海道の太平洋沿岸で、限られた期間しか漁獲されない特定のものを言うそうです。

よく、小売店の店頭等に並べられて全国で市販されている「ししゃも」の約90%は輸入物だそうで、北極海などに分布している「カラフトししゃも」という学術的、生態的にはかなり違いのある魚だそうです。

また、「カラフトししゃも」のうろこは、とても小さくほとんどないように見えますが、「北海道産ししゃも」のうろこは大きくはっきりと認められるので識別できるそうです。


輸入量が国内漁獲高より圧倒的に多く、外観や食感が似ているので、それなりの味が安く味わえのは悪いことではないとは思いますが・・


ただし、「刺身」でさえ珍しいのに、「本物」のししゃもと言われれば、それだけで美味しく感じてしまうのは私だけでしょうか?


弊社も企業研修等あずかる身、自らは勿論のこと、

研修先企業様においてもより「本物」を目指して行かなければと感じました。


ご馳走様でした!


ちなみに↓は千歳空港の10店舗程が軒を連ねる「北海道ラーメン道場」の

函館あじさいの塩ラーメン、700円。

このあっさり感!これも絶品&本物だと思います。

 

« お知らせトップに戻る
ページの先頭へもどる