ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

電子書籍派? 紙派?

平素はお世話になります。

経営相談、社員教育・研修、FP相談等  ヒューマネコンサルティング株式会社 代表の阿部です。

 

さて、10月20日本日の朝刊に『アマゾン、日本で電子書籍』の大きな見出し記事が掲載されています。

記事によりますと、インターネット通販で世界最大手の米アマゾン・ドット・コムは日本で電子書籍事業に参入し、小学館、集英社など出版大手と価格設定などで詰めの交渉に入ったそうです。

年内にも日本語の電子書籍を購入できるサイトを開設し、スマートフォンなどに配信、さらに自社の電子書籍端末「キンドル」も投入するそうです。

そして、これを受けるかのように日本勢も紀伊国屋書店や楽天がソニー製端末への書籍提供を始めるそうです。

 

私などは、これまでの従来型携帯電話へのサービスですと、字は小さいし、操作的にも電子書籍にはあまり積極的にはなれませんでしたが、今後、ipadやスマートフォン向けとなるとあまり抵抗感はなくなるような気がするのですが・・

もちろん、これは個人差があり、あくまで紙ベースと言う方も大勢いるとは思います。

しかしいずれにしても、現在の書籍や雑誌マーケットは約2兆円ある中で、電子書籍の市場規模は2010年度で約650億円くらいとまだまだ小規模なものです。

これが今後、日本でも電子書籍の割合は拡大してくると思いますし、時代の流れではないでしょうか。

 

追伸

まだ電子化はされていませんが、拙著「コモディティ投資入門」アスペクト社。

好評発売中故、アマゾンでも書店ででも、のぞいて頂ければ幸いです。

ページの先頭へもどる