ひと・もの・おかね(経済資源)応援企業です!関東経済産業局認定 経営革新等支援機関として、各種補助金・助成金申請、創業、経営計画策定、資金計画、社員教育、営業向上はお任せ下さい!

ポジティブの重要性

ポジティブとは事象を正負二極で見立てた際の正の側のこと」

 

17日までで行きつけのジムのお盆休みが終わりましたので、昨夜、早速泳ぎに出かけました。
1週間程の休みですし、私の場合そんなにアスリート的に泳ぐわけでもないのですが、
久しぶりのプールで、心身共にとても気持ち良く泳ぐことが出来ました。

 

そして、昨夜泳いでいる際に感じたのですが、
「あと何メートル!」とか「あと何往復!」と言った気持ちで泳ぐのではなく、
昨日のように、「久しぶりで、ただ気持ちいい!」と思いながら泳ぐと、1キロがあっという間だったということです。

 

日頃、自分の中で「何キロ泳がねば!」というような無意識の「縛り」をかけていたのではないか?と改めて感じました。
そして「縛り」をかければそれが苦痛になってしまう。
しかし「気持ちいい!」と感じることでそれが無くなる・・

 

1週間ぶりに泳いでみて、
スイミングでも、勿論、仕事でも「気持ちいい!」「楽しい!」と感じることの重要性を再認識したのでした。

 

まさに「ポジティブシンキング」ということでしょうか!?

 

阿部 重利  拝

« お知らせトップに戻る
ページの先頭へもどる